応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2009年07月12日

トレードメッセンジャーのリスクとその対処法

例のトレードメッセンジャーですが、
運用を初めて2週間が経ちました。

この2週間で気づいたことは、
このトレードメッセンジャーは、
普段パソコンを起動する時間が短い人にとっては
思ったよりリスクが大きい、ということです。

例えば、私の場合は
仕事中にこっそりトレードメッセンジャーを起動してシグナルを受け取り、
帰宅後デイトレ中に自宅のパソコンでトレードメッセンジャーを起動しておく。

という運用で、一日のうち12時間のシグナル配信をカバーできます。

しかしその間に新規約定シグナルを受け取り、
PCを起動していない間に決済シグナルがでると、
後で自分自身で手動で決済をしない限り
ポジションは残り続ける、ということになります。

これでは完全な自動トレードではないし、
ランキングにでている獲得pips数とも異なってきてしまいます。

このリスクは結構痛いので、
トレードメッセンジャーでの運用は諦めようかと思っていました。

しかし!

こんなサービスを利用すれば、
上記のリスクは解消されます。

 ⇒ 24時間トレードメッセンジャーの配信を受け取れるサービスはこちら

ようはレンタルサーバーなのですが、
リモートデスクトップでログインするので、
自宅のパソコンからも普通に操作することができます。

月額料金がかかりますが、
意外と安いのでこれは十分試してみる価値はあるかも。



Windows版(@)のシルバーコース(A)がお奨めです。

これで会社でこっそり立ち上げておいたときの後ろめたさからも解放されそうです(笑)

 ⇒ 24時間トレードメッセンジャーの配信を受け取れるサービスはこちら
posted by しー at 00:28| Comment(0) | TrackBack(1) | システムトレードへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

システムトレードへの道 第2歩目


南ア・ランドを取引している人にとっては興味深い記事です。
 ⇒ 為替ブログ3位

 
先日、システムトレードを自作するぞ!
という無謀なプロジェクトを突然発足させました。

システムトレードのバックテストをするために、
過去のチャート(値動き)をもとにサインやテクニカルを自作しなければなりません。

そもそも過去のチャートの情報が必要ですので、
まずはチャートを作成するためのTicks情報をCSV化するツールを作成しました。

無料(+お願いつき)で公開していますので、
興味のある方はご自由にダウンロードしてみてください。

 ⇒ 無料ツールのページを見る
 
※一応著作権は放棄していませんので、第三者への配布などは控えてください。
 こちらのページのご紹介は大歓迎です♪

南アフリカで非常事態宣言!その余波は?
 ⇒ 為替ブログ25位


さてさて、このプロジェクトは一体何歩目まで進むのでしょうか?

それぞれのテクニカルのプログラムをしていく上で、
今まで知らなくても済んでいた計算方法などを勉強する必要があります。

自分にとってはプラスになるはずですので、
時間の許す限り進めていくつもりですが、
完成までは長い月日が必要でしょう・・・。

口座数はうなぎのぼりで増加中。自己資本比率はもうすぐ500%!
 ⇒ 外国為替証拠金取引なら外為オンライン


サブプライム問題の急落時でもへっちゃら!
 ⇒ FX逆相関トレードツール[スワッピー]ver.2

 
移り変わりの激しい業界を改めて見直すのに最適♪
 ⇒ FX会社60社の比較・資料請求サイト


ポプログ人気fxブログランキング
posted by しー at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレードへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月24日

システムトレードへの第一歩

リスク回避の場面で投資家はどのように動くか?
その場面での最適な通貨ペアも公開されています。

 ⇒ 為替ブログ25位


目まぐるしく為替の方向性が変わる中、
最近の夜の時間はシステムトレードのバックテストにはまっています。

とある事情からシステムトレードの検証をしているのですが、
FXA証券などのCT(VT)では時間足にするとバックテストが不十分となるので、
MetaTrader4を使って検証をしています。

MetaTrader4ではMQLという言語を使って売買をプログラムできるのですが、
テクニカル分析をいくつか組み合わせたシステムを考えて検証するには、
ちょっとややこしいなぁと思っていました。

さらにSarahさんのシンプルシステムトレードのように、
売買のタイミングがシステムトレードで出たタイミングと異なる場合は、
どうやって計算してよいのかいまいちイメージがつかめません。
(半分思考停止しているだけともいう)

そこで、なんなら自前で作ってしまえ!
という暴挙にでている最中です。

まずは過去のチャート情報の元となるTick値を取得しなければなりません。
forexiteのサイトには2000年からのデータが置いてあるので
これを使いたいと思います。

しかし、このデータ、1日づつ別ファイルになっていますし、
中身のデータも18通貨が混ざっているので、手動でこつこつやるのは効率的では
ありません。ということで今は過去データの取得ツールを作り出しました。

あるブログで同じことをしているツールを見つけたのですが、
商材の特典としてしか配布していないようですので、
これくらいであれば作ってしまえ、と思ってます。

私のやる気が失せなければ、3日もあれば完成するでしょう。
もし完成したら無料で公開したいと思います。

塩漬けポジを持っているときにやらなければいけないこと、それは・・・
 ⇒ 為替ブログ34位


口座数はうなぎのぼりで増加中。自己資本比率はもうすぐ500%!
 ⇒ 外国為替証拠金取引なら外為オンライン


サブプライム問題の急落時でもへっちゃら!
 ⇒ FX逆相関トレードツール[スワッピー]ver.2

 
移り変わりの激しい業界を改めて見直すのに最適♪
 ⇒ FX会社60社の比較・資料請求サイト


ポプログ人気fxブログランキング
posted by しー at 12:37| Comment(0) | TrackBack(0) | システムトレードへの道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする