応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2008年05月30日

戻り売り仕掛けは成功となるか?

ビジネス系メルマガでは超有名な「平成進化論。」というメルマガで、
「毎日を楽しく過ごすためには」というテーマの内容がありました。

内容を一部抜粋しますと、

-------------------------------------------
昨日と同じ事の繰り返しだから、退屈な日常となる。
退屈な日常を紛らわせるために、昨日と同じ事をやる

結果として、ますます退屈になる。

毎日、新しい出来事の繰り返しだから、楽しい日常となる。
変化に富んだ日常を送るために、毎日、昨日と違ったことをやる

結果として、ますます楽しくなる。
-------------------------------------------


とありました。

そして著者の鮒谷氏は、超がつくほどの行動派で、

-------------------------------------------
 新しいことと、古いこと、二者択一を迫られたら、常に、
  新しいことをやる
  新しい出逢いを求める
  新しいことを知る
-------------------------------------------


のように常に前向きに人生を驀進されています。

仕事が面白くないときは、思い返してみれば同じことを繰り返すだけの毎日
だったからだと思います。

FXが楽しいときは、新しいテクニカルを勉強・研究したり
それを元にしてエントリとクローズがばっちり決まったときなどでした。

常に新しいこと、新しいもの探しのアンテナをたてておき、
毎日が楽しい人生になるようにしていきたいと思います♪

 ⇒ http://www.mag2.com/m/0000114948.html 
(仕組みと掛け算でビジネスを成功に導く【平成進化論】)


政策金利15.75%にあげた国はどこでしょうか?(ヒント:トルコではありません)
答えはこちら!

 ⇒ FXブログランキング16位


前置きが長くなってしまいましたが、
昨日のドル円は105円台にしっかり乗せてきました。

昨夜はWTI原油先物チャートが数分で急激な変動をする場面も見られましたが、
ドル円はあまり影響を受けずに上昇。
(はやくも昨日の記事の内容は過去のものになった?)

しかし105円台には輸出系の売りが並んでおり、
Bigな材料がない限り一旦は上げ止まると見ています。

 (参考:市場オーダー状況)
 106.00円 売り輸出(邦銀・欧州系)
 105.80円 売り輸出(邦銀。欧米系)
 105.70円 売り米系HF(米系)

万が一を考えて、ストップは106円ちょい上あたりで、
すでに戻り売りは仕掛け済。

月末&週末を迎えて、欧州勢がどう動いてくるでしょうか。

105円の壁を越えられなかったときは、この方のおっしゃるようになるのでしょうか?
 ⇒ 人気Blogランキング1位


ここ数日、ユーロが弱まっているため、その分ドルに資金が流れている感が
あります。そういった面でも本日のユーロCPI速報には注目です。

予想では前回より伸びてくるようですので、
その通りになれば再びユーロ強含みとなり、

 ユーロ上昇、ドル下落

の動きとなってくるのではないかと見ています。

現在の状況ではクロス円を押し目買いで待ち構えたほうが良いかも?詳細はこちら!
 ⇒ 人気Blogランキング52位


口座を作って取引を行うだけで5000円が貰える!!
キャッシュバックキャンペーン好評につき期間延長です!!
引き続きハワイ旅行のキャンペーンもあり、ダブルでお得!!
 ⇒ 外国為替証拠金取引なら外為オンライン


外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ラベル:FX
posted by しー at 12:41| Comment(1) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
興味深いブログですね〜。ランキングサイトから飛んできました。
私はホテルマンをしています。
旅やアウトドアは人の心を豊かにさせますねー。
夏休み、盆休みの旅行の予定は決まりましたか?
楽天でブログを書いてます。
相互リンクを張りませんか?
よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plaza.rakuten.hotelman@gmail.com
(URLとブログ名を明記して下さい)
お互いに毎日応援クリックして上位を目指しましょう!!!!
今日の応援クリック完了!!それではまた来ます。
Posted by ホテルマン at 2008年05月31日 05:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック