応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2008年03月09日

ATOKって素晴らしい

まずはこちらをご覧ください。
 ⇒ http://furukawablog.spaces.live.com/Blog/cns!156823E649BD3714!9079.entry

天下のマイクロソフトの漢字変換ソフトIMEは、
中国に開発拠点が移されたようです。

アメリカからアジアを見ると、日本の漢字も中国の漢字も
同じように見えるのでしょう。

そのせいで、日本語変換が非効率になってしまったように思われます。

ながおし ⇒ 長尾氏
ぶろぐ ⇒ 部ログ
かんじのごへんかん ⇒ 感じのご変換
いちもくきんこうひょう ⇒ 一目金好評

などなど。あげるときりがありません。
ブログでよく使う「一目均衡表」は何度「こうだ!」と教えても
全然覚えてくれないバカっぷり。

あげくの果てには、上記リンクにありますが、
MS社員が「個人的にはATOKに切り替えようと思っている」(!)
と来たもんだ。
おいおい、あんたのとこの製品でしょうが。
もーびっくりです!!

IMEにはもう散々なかされています。
自宅PCはVistaマシンですが、一日一回は漢字の変換時にOSごと固まってくれます。
戻ってくるまで約2〜3分。その間チャートを見ることすらできません。

また、最近あちこちでよく見かけるのですが、
「確率」という漢字を「確立」と間違える人が多すぎ。
これもIMEが一番最初に変換する漢字のせいだと思ってます。

やはりIMEとはおさらばするのが正解でした。

今回購入したのはこれ。
 ⇒ ATOK 2008 for Windows

ATOK2007のときに体験版を使いましたがIMEと全然違います。
文章を打つ効率が断然あがった感があります。

IMEの場合は、単語ごとに変換をかけて、その都度正しく変換されたかどうかを
確認しながら文章を書いていましたが、ATOKであれば心配する必要はなく、
一発の変換で思い通りの漢字となってくれます。

また、私が気に入っているのは、現在のモードがすぐにわかるということ。

IMEの変換バーは画面上にでていると邪魔なのでタスクバーの中に埋めているのですが、
ウィンドウをたくさん表示する度に見えなくなったりするので、
ほとんど現在の状態を認識できません。

しかしATOKであればそんなバグはありませんし、
予測変換や変換確定後の確定Undoもあり
機能的にも数倍優れているのが実感できます。

ブログや執筆、仕事においても文章を書くときのイライラがかなり減るので、
3年使えば年間費用は安いものです。

文章作成時にイライラを感じている方は、
一度購入の検討をしてみてはいかがでしょうか。


ラベル:ATOK
posted by しー at 00:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

文章上達に役立つ本
Excerpt: 文章上達に役立つ本を探すならこのページ。 文章上達については、文例集のような便利なサイトはなかなかありません。やはり沢山読んで、沢山書き続けること、これが唯一の秘訣でしょうか。 さらに言えば、その..
Weblog: 文書と文章の便利ページ
Tracked: 2008-03-09 11:47