応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2008年03月03日

豪ドル円のリスクシナリオ

豪ドル円のリスクシナリオ

先週の引け方から、今日のオープンは下落から始まるのは容易に想像できましたが、
ドル円は103円を一時的に割り込み、102円台をつけました。
現在は下方トレンドライン近辺である103円辺りで踏みとどまっています。

またクロス円も投売り状態となり、ミセス・ワタナベ(個人投資家の総称)から
ストップ・ロスカットが殺到している状況のようです。

渡辺さん(既婚)は総称なんて言われたらたまったもんではないですね。
中には「私はこんな時でも利益だしているわよぅ」という渡辺さんも
いるでしょうに、なぜこんな総称がついてしまったのでしょう?

なんにせよどうして皆さん同じ失敗をしてしまうのでしょうねぇ。
(お前がいうな!)

この辺りの対策についても、為替レスキューBookに書かれていますので、
ぜひ読んでみてください。
 ⇒ 為替レスキューBook

ランド円は12円台まで下落。こんなとき研究所の方はどう見ているのでしょうか?
ランドの行方についてはこちらで確認できます。

 ⇒ 為替ブログ6位



今日の日経平均は前場だけですでに500円の下落となっていますが、
この後、欧州タイム、NYタイムと移っていっても、がらりと状況が変わるとは思えません。

ドル円も103円のラインで防衛できない可能性のほうが高いと見ておいたほうがよいでしょう。
次の下値ターゲットの102円前半あたりで、ファンド勢が動いてくるのをきっかけに、
投売り組が買い戻してくれると急反発なんていうシナリオもありますが、
これにはあまり期待していません。

むしと連れ安となっているクロス円、特に(大好きな)オージー円に注目しています。
97円が突破され、一目均衡表の雲の上限である95円50銭ラインが下値の目処と見ていますが、
ドル円の下値余地を考えると、さらに数%は下落しそうな勢いがあります。

また、明日のRBA政策金利での利上げはすでに織り込み済でしたが、
次回の利上げまでも織り込みかけていたところのこの下落です。
次回、もしくは今後は利上げしないという見解がでてくると、
失望売りにつながる恐れもでてくるでしょう。

万が一、明日の利上げがサプライズ的になくなったときは90円割れ?
というリスクシナリオまで想定していますが、
これは考えすぎと見ていてよいでしょう。

月曜から水曜までの指標ごとの見通しを詳しく解説されています
 ⇒ 為替ブログ15位


いずれにしても、戻り売りを待つまでもなく売り参戦というのが、
現在の状況で利益を出す唯一の方法だと思いますが、
クロス円はあぶなっかしいので、ドルストレートで勝負するのが
無難だと思います。

 詳細は兵ブロガーの週間予想でどうぞ
  ⇒ 兵ブロガーの週間予想



第3四半期までの経常利益は35億円!
第4四半期の業績を加えたら、前期比7倍くらい行くのでは?
これだけ利益を出している会社です。口座開設者へなんらかのリターンがあるかも知れませんよ〜
 ⇒ 外国為替証拠金取引なら外為オンライン


外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

ポプログ人気fxブログランキング1s.jpg
ラベル:FX 豪ドル
posted by しー at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック