応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2016年07月04日

ポンド円の戻り売り戦略

この週末はとても暑く、子供たちとプールにいってきました。

帰ってきた午後はさらに暑くなっており、これはダメだと今年初のクーラーをつけようとしたのですが、電源コードを指してもうんともすんとも言わない。

マニュアルを見ると、「電源を指して3分ほどは無反応」とあったので待つこと3分。いくらリモコンを操作しても何も起きない。

おいおい、これ買ったの去年だぞ?まだ片手で数えるくらいしか使っていないのに、と業者に文句を言ってやろうと思ったのですが、ちょっと待てよと念のためブレーカーを確認。寝室のクーラー部がOFFになっているではないか。

今の家はほぼコンセントごとにブレーカーの設定ができるのね。電話して恥ずかしい思いをしなくてよかったぁ。何事もあらゆる可能性が確認してから行動ですね。


さて、今週の為替相場は落ち着いたスタートとなっています。週の戦略としてはドル円の戻り売りに加えて、ポンド円の戻り売りも加えてみました。ポンドについては今後の利下げを踏まえての戦略です。

金融期間が予想している英国の追加緩和によるGBP/USDの下落ターゲットは1.2000〜1.2500。ドル円が100〜105円だとすると、ポンド円のレンジは120〜131.25円。

最も上限だとしても、現在の水準から5円下となります。

今週は米雇用統計があり、先月のサプライズよりは回復が見込まれています。

これによりドル円は買われやすくなるのではないか?と考えると、ポンド円も今すぐショートで手を出す必要はなさそうです。

140円近辺まで上昇するときがあれば戻り売りのチャンスとしてエントリしていきたいと思います。

最後に以下のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ


posted by しー at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック