応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2014年07月14日

先を見通す力

米国債の入札に殺到、というニュースがBloombergにでていましたが、こういうニュースはどうとればいいのでしょう?

素直に受け取れば、米国債価格が上昇し、利回りは低下。ドル円は上値が重い状態となる、というのが王道。

斜め上から見ると、こんなニュースがでたときはトレンドは終了だから今後米国債への人気が薄れ、利回りは上昇。ドル円は上向きになっていく、という見方もできなくはないかと。

為替市場や株式市場は、期待や思惑によって動くので、結果としての情報より今後の見通しを正しく判断することが重要になってきます。

どちらが正しいかなんてわかりはしないのですが、こういうことを考える力を持っておくことは無駄ではないかな。

前提1つで見通しは真逆になる世界ではありますが、プランを考え、実行し、後で見直すことを繰り返すことで精度を少しでもあげていきたいものです。

で、今日の見通しとしては先週のポルトガル銀行リスクオフ相場が落ち着いているため株価は堅調気味なため、ユーロ円あたりを買っていきたいと思っています。

ドル円も例のサポートラインより上で推移していますので、打診買いから入ってもいいかもですね。

もしこれで失敗した場合の前提の間違いはなんだろう?実は株価は堅調ではなく別の理由で買い支えが入っていただけだったとか?GPIFたん登場か?

疑問と迷いは尽きません。

ポチっとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック