応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2013年08月05日

どこまで押すか

先週の米雇用統計では発表前にもっていたショートポジを一旦クローズ
しておいてから指標に臨みました。

結果は良くない数字ということで、直後は乱高下したものの最終的には下向き。
覚悟さえあればポジションを持ったままで指標を通過できておいしい状態に
なったのに、悔やまれます。

ドル円は98円台後半まで下落して揉み合いとなっていますが、
今週はこのまま下がるとも思えず、98円台は買いと見てすでに買いポジを構築中です。

先週と同様97円中盤までの下落を想定しておきますが、
ポイントは豪ドル円の行方といったところでしょうか。

明日のRBAでは利下げは織り込み済みですが、
本日は87円台まだ落ち込み、対円通貨の下落を牽引。

明日には一旦下げ止まると思いますが、
連れ安となってドル円などがどこまで押すかを見ておく必要がありそうです。

明日のRBA以降は一旦反発をすると見込んで買いポジを仕込み、
その後のじわじわ揉み合い相場になったら様子見としたいと思います。

応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:25| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雇用統計も予想以下でしたので、ちょっとびっくりしましたが、ポジションをスクエアにしておいてよかったというのが印象です。
Posted by FX勉強中 at 2013年08月05日 18:06
発表の瞬間から数分はどちらにいくかわからない状況でしたからね。
失業率が下がって↑?と思ってロングしてたら損切りしてたと思うので、
大きなイベントはポジションなしが基本でしょう。
今日は今日の相場があるので、頭を切り換えて押し目買い発動です!
Posted by しー at 2013年08月05日 21:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック