応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2013年07月05日

エントリの悩みどころ

昨夜は21時ごろからチャートを見始めて、
ユーロ円の15分足が良い形になりました。

私の中でRCIが鉄板の形となり、
移動平均との位置関係もOK。
これは買いでしょ!
ということでロングエントリ。

21時30分を過ぎ、ユーロ円、ユーロドルが急落。
ドラギ総裁がかなりの長期間にわたる緩和継続を表明したことで
ユーロが売られましたが、ロングポジションは当然のごとく粉砕。
しかしすぐに途転売りに転向して、損失をカバー。
129円前後で下げ止まってからは短期勝負で15pipsをゲット

とまぁ、トレード数こそ少ないものの、
なんだか落ち着きのないトレードをしたなぁと反省してました。

テクニカルが鉄板の形になったとき、
その後イベントがあるのにエントリするべきか否か。

あの場面ではリスクがあってもいって正解だったと思っています。
下がってしまったのは結果論ですし、
ドラギ総裁の発言如何では上がる可能性だったあったわけですし。

さて本日は米雇用統計。
頭を切り換えて米国指標に集中したいと思います。

ADPの結果により期待度が高まっているようなので、
前のめりになって待ち構えるのはやめておこうかな。

微妙な数字で押した後に再浮上する(ドル円)がベストシナリオでしょうか。
超ネガティブでない限りは、ドル高方向でのエントリを狙います。

応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック