応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2013年03月25日

新たな材料がなければ・・・

本日9時前に、キプロスがトロイカと原則合意の一報を受けてユーロが上昇。
ようやく混乱していた市場が落ち着いてくれそうな状況となってきました。

しかしドル円は今朝の動きの中で95円に届くことはなく、
94円台後半でうろうろと上値が重い状態です。

ドル円は1時間足がわかりやすい状態になっているので、
ネックラインを上抜けたら買い、ダブルボトムの底を下抜けたら売りというスタンスです。

ただし96円へ向けて盛大な円売りがでるとは思えないため、
買いのほうは慎重にならざるを得ません。
どちらかというと95円台中盤くらいからは戻り売りとしておきたいところ。

ユーロ円については今朝の上昇にはついていけていませんが、
こちらも124円前半の壁があるのでほいほいと買いでついていきたくありません。

キプロス支援合意=一時的なユーロ買い、これはわかりますが、
キプロス支援合意=持続的なユーロ買い、となるとは思えません。

むしろ日銀緩和、米株上昇といった新たなリスクオン材料がついてこないと
ここからの上昇は厳しいのではと思います。

よって今週はレンジ上限での売りをメインにトレードしていきたいと思います。

応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック