応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2012年03月06日

米指標+ギリシャ不安

思い切った行動が、これまで悩みに悩んだものを一気に解消してくれる
ということがたまにあります。

 本当にこの選択で大丈夫だろうか?
 今以上に何か良くないことが起きないだろうか?

こんな不安は常につきまとうもの。

ときにはあれこれ考えているだけでなく、
「えいやっ!」と行動してみることも大事です。

ということで本業のPJは、ようやく長いトンネルを抜けかけてきました。

もう大丈夫!なはず・・・

本日も1ポチよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング

昨日のポン様とユロ円のSポジは、東京タイム午後の早い段階で下げてきてくれたので、
利食い指値までほったらかして良い結果となりました。

夜からはNYタイム序盤の反発後に再度売りを仕掛けていましたが、
ポン様はあともうちょっと指値にヒットせず。
ポンドルのほうは現在Sポジホールド中です。

昨日の24時のISMでは予想より良い好結果。
今週8日(木)にはギリシャの債務交換期限があり、
どれだけ参加者が集まるかに注目が集まっています。

この結果によりギリシャの「無秩序なデフォルト」が発生するかどうか
となるのでユーロは買えない状態です。

米指標好調+CAC不安=ユロドル売り

という目線ですが、中国からのネガティブ材料もあり
全体的にはクロス円売りの様相。

この後、RBA政策金利がありますが、
個人的にはユロ円、ポン円を売っていったほうがやりやすいので、
そちらで勝負しようと売り指値で待ち構えています。

豪ドル円は一旦アク抜きしてからロングを拾っていきたいです。
(一応にっしーメルマガのご神託により、豪ドル円S指値も仕込んでます)
posted by しー at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック