応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2012年02月08日

ユーロ壁越え

朝起きるとき、足の親指の爪でもう片方のかかとの皮をえぐりました。

その瞬間は「いてっ」くらいだったのですが、
靴をはいて歩いているうちにズキズキ痛み、まるで靴ずれみたい。
親指の爪の破壊力を甘く見てはいけませんね。

本日も1ポチしてから読んでいただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング

昨夜は23時30分ごろからユーロが上昇。

ギリシャが支援受入の合意文書を用意している
というニュースにより買い戻しが進みました。

ユロドルは1.3220の壁付近で止まるだろうと思い、
逆張りでショートから入ったのですが見事に粉砕。
慌てて倍返しで途転ロングに切り替えてました。

一方で6日(月)19時を期限としていた会合が7日(火)19時に延期され、
さらにもう一日延期されるなど協議は依然として難航中のようです。

この辺りは約束を守らない国民性なのでしょうか。
14日(火)を最終期限とする1300億ユーロの支援に本当に間に合うのか、
ハラハラさせてくれますが、昨日のユーロの上昇を見ると大方は間に合う
と考えているのでしょうね。

昨夜途転したロングは損切りを補填した後はそれほど欲張らずに利確しましたが、
1.35台を目指したユーロ買い戻しまでには至っていないようで、
来週のECBやIMFから承認を取り付けるまではまだまだ不安定な状況が続きそうです。

コピトレくんFXについてですが、昨日辺りからこれまでより10倍の枚数でポジションを
持つようになり、超ハイレバ状態となっていました。

その状態でユロドルロングを50pipsもアゲインストになっては大変ということで
ある程度のところで手動決済しました。

夜まで耐えていれば爆益になったのかも知れませんが、
許容できるレバをはるかに越えていたのでしばらく稼働を停止させます。
ハイレバでポジションしてくるMasterを除外すればいいのかも?
posted by しー at 12:28| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しーさん

横浜のトレーダーです。
私の場合超ハイレバのポジションを持つことはありません。

特に今月になってからは「CPTR001」のポジションしかありません。それもほんの数件。
以前は「Grobal Intelligence Pro」が大きなロットでポジションを取ったものでしたが。

最近、受信機の調子が悪くてプログラム終了が頻繁に起きています。

受信機のCopierタブを見るとMaster2のStatusがDisabledになっています。
(Master1はWorking)
それに、Logのタブを見るとError/Order not copyer for slippageが何件も出ています。

しーさんの状況と何か違ってますか?

Posted by at 2012年02月09日 18:47
横浜のトレーダーさん、こんばんは。

CPTR001は問題ないのですが、
Grobal Intelliちゃんが性格変わってしまってます。

以前は資金に応じてロット数を変化させていたようですが、最近は固定になっていると予想してます。
(2月に入ってから)

プログラムの終了も頻発してますね。
Connect timed outでよく落ちます。
また同じようにslippageのエラーログも多数でてます。
どうやら状況は同じようですね。

私のところではMaster1とMaster2はどちらもWorkingになっています。
「Param Copy」タブでMaster1,Master2の両方にチェックをいれているからでしょうか。
Grobalちゃんを止めたいときはMaster2のParam Copyのチェックをはずせばよいのかも。

いずれにせよConnect timed outが治ってくれないと無理ぽですけどね。
Posted by しー at 2012年02月09日 20:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック