応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2011年10月04日

豪ドル円の下落はそろそろ止まるか?

仕事上でこの単語がでてきたらやばい!
というものがあります。

「とりあえず」
「後日検討」
「○○かも」

誰がボールを持っているのか、いつまでにするのか、
結論はどうなったのかがはっきりしないと
いつの間にか忘れ去られて後で大変なことになります。

なんとなくギリシャへの対応もそれに近いものがあるような気がする・・・。


豪ドルについて私とは真逆の考えの人もいる。
正解なんて誰にもわかりませんが、シナリオに応じて対応するのみ!詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (40位 豪ドルFXで毎月・・・)




昨夜はユーロの売りに乗り遅れてしまったので
23時のISMまでは様子見に徹していました。

ISMの結果は良好だったので、これでリスク回避は多少和らぐかと考え、
豪ドル円のロングに手を出しました。

1回転の後、再度下落して73円台にきたところでもう一度ロングしていますが、
現在は少々苦しい状況です。

欧州銀行株価下落を引き金にダウ平均も250ドル以上下落しており、
この状況でリスク通貨をロングするのはまずかったですね。

ただIMMシカゴ筋ポジションの豪ドルを見ると、
9/27の時点でのポジションがロング5,167枚と前の週より18,000枚も減っており、
9/27以降も豪ドルが下落していることからさらにロングポジションは解消されていると思われます。

しかし今後豪ドルを積極的にショートしていくかというとそうは思えません。

デフォルト懸念でリスク回避の動きからロングポジションを解消したことによる豪ドル下落。
これは自然な動きで納得いきます。

しかしショートポジションを新規に作って豪ドル下落。
というのは少々疑問符がつく動き。

ここからの豪ドル下落にはついていかずに、
逆張り目線で見ていきたいと思っています。

ということで昨日持った豪ドル円ポジションは仕掛けが早かったもののホールド中。
ほとんどお祈りポジションではありますが、なるようになってくれると期待しています。

いや〜、しかしVIX指数は上昇中ですしファンダメンタルは最悪な状況で、
よくロングしたね、と自分を懐疑的な目で見てしまいます。

本日のRBA政策金利で、よろしくない結果になりませんように、と。

(追記)

RBA政策金利は4.75%に据置きでサプライズはなし。
豪ドル円もそれほど大きな動きはありませんでした。


「みんなのFX」とのタイアップは9月末で終了予定でした。
ですが嬉しいことに商品を新たにしてタイアップ期間が10月末まで延長です!
口座開設後に「みんなのFX」で1lot以上の取引が条件となりますのでお間違えなく!!

みんなのFX口座開設はこちらから


posted by しー at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック