応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2011年07月25日

色々と大丈夫?

日々プレッシャーの中で生活していると、
それに押しつぶされそうになる感覚を覚えながら、
負けるまいとがんばろうとする自分もいる。

この均衡が壊れたときは結構やばい状況になるのではないかと想像しますが、
一番いいのはネガティブに考えるのではなく、ポジティブに考えること。

プレッシャーを楽しんだもん勝ち、と思ってがむしゃらに進むだけ。
失敗したっていいじゃない。獲って食われたりしませんがな。


大荒れが予想される今週の主要材料とその解説は必見!
指標イベントだけでなく直近の問題点なども頭に入れておきましょう。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (104位 為替千里眼)




ユーロのギリシャ救済策の合意と米国の債務上限引き上げに関する混迷により
為替相場、株式相場もどっちにいったらいいのかわからない状況のようですね。

今朝はEUR/USDが上方向に窓を明け、クロス円は下方向に窓明けでした。
素直にドル売りで始まった今週の相場ですが、
依然としてバリバリリスクオンの状態にはなれず
日々の材料によって日替わり相場となりそうな雰囲気がむんむんです。

今週は米国の債務上限問題を最大の焦点として
リスク回避姿勢で臨みたいと思いますが、
ドル円が78円台前半まで下落してきて、また「介入がー」という警戒感がでてきています。

介入などない(できない)と見ていますが、
個人投資家は依然としてドル円買い方向で見ている人が多数いる様子。

今月末でレバレッジ規制第2弾も発動しますが、
買い方向で見ていて本当に大丈夫?
と心配になってしまいます。

3月の震災後の円高がなければ、このタイミングでドル買いポジションの
解消がなされたはずですが、あれ以来それほど上昇していないので、
規制によるドル円売りはそれほどなさそうですが、
買いか売りのどちらが多いかを考えるとやっぱり売りのほうが多いのでは?

ないと信じたい米国デフォルト危機を控えて
ここで積極的にドル円買いを仕掛ける理由は何もなく、
リスク回避のことだけを考えていればいいような相場だと思いますが、
無茶して底値で買ってやろうと思わず、
ぼちぼち戻り売りを狙っていくのがベターだと思ってます。

今月中に債務上限危機が回避されるような状況になれば
それはそれでチャンスですが、今月はなるべくおとなしくしておきましょうか。

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック