応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2011年05月12日

この状況で買える通貨は?

管首相の歳費返上のニュースを見て、
初めて「お?ちょっとはやるじゃん」と思いましたが、
返上するのは首相手当分だけだそうで。

このやり取りを見て笑ってしまったw
管総理が首相手当て返上だそうですが、こういうのってよくあることなんですか?(Yahoo!知恵袋)


昨日のインフレリポートと2009年の状況を見るとポンドの行方は・・・。
リスクを検討しつつ勝負にいくかいかざるべきか?こちらのブログを読んでから決めましょう。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (100位 為替千里眼)




昨日は夕方のポンド買いの後、NYタイムからの爆下げにも乗れず
相場そっちのけでせっせと内職をしていました。

ポルトガルの格下げ懸念もでてきたり、
ギリシャの債務再編が与える影響はユーロ圏全体に及ぶため
落ち着くまではユーロは弱い状況が続きそうです。

口先だけで「債務再編はあり得ない」と言われても本当にそうなのかわかりませんし、
どんな形で実施されるかも見えない中で「値頃感からユーロ買いだ!」とはならないわけで、
この状況では6月利上げ説も消えて無くなるのではないかと思います。


さて今朝は豪雇用統計があり、予想外のマイナス結果に豪ドル円は85円台まで
下落してきましたが、86円前半での指値がヒットして今後に期待中。

豪雇用統計が悪くなるのは全くの想定外でしたが、
85円後半を割り込んでくるとシナリオ破綻ということで一旦撤退することします。
そうなったら次の上昇期まで待って再度仕込みたいと思います。
(お昼の時点では結構盛り返しているので割り込むのはないと期待してますが)

米国方面では連銀総裁が年内利上げを主張する人もいれば
雇用が回復するまでは無理と慎重な人もいます。

本日は失業保険申請件数の発表もあり、
雇用先行指標として一つの判断ができそうですが、
しばらく40万件台に乗せている間はまだまだ期待すらできなさそうです。

ユーロもダメ。ドルもダメ。
商品価格下落で資源国通貨も積極的に買いにいけず、
リスク回避で円を買うしかないのか?

外部要因に振り回される相場は難しいです・・・。

応援クリックよろしくお願いします!。
にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック