応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2011年02月02日

ユーロを買いたい理由、ドルを売りたい理由

ちょっとだけクラっとくるお話をします。

あなたはFXで勝ってますか?

トントン、もしくは負けているという方は
おそらくどうしたら勝てるのか悩んでいるのではないかと思います。

私も常に勝てるような常勝トレーダーではないので、
こういうのを見ると「いいかも・・・」と心が動いてしまいます。

裁量トレード、自動売買、そしてもう1つの収入の柱として、
これもありなんじゃないかと思います。

ちょっと試してみようかな。
 ⇒ もう1つの収入の柱となり得る仕組みを見てみる


ポンド円は揉み合い状態。さてどちらに抜けるかな?今朝の動きを見ると上方向か?こういう状況での戦略も参考にしておきましょう!
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (49位 侍おやじの・・・)




昨夜のNYタイムではISMに注目していましたが、指標結果は良好。

内訳の雇用指数も良い値になっていたので、
「これはドル買いでしょう」
とEUR/USDショート。

思惑通り含み益となり、明日の朝にかけて最低でも50pipsはいけるかな
とにんまりしていましたが、ドル買いは10分で終了。
結局建値付近で利食いして2pipsほどしか獲れませんでした。

米指標好調 ⇒ リスクオンだ! ⇒ ユーロ買いorz

という思考なんですかね。

ISMの調査委員長の発言や、ホーニグ・カンザスシティー連銀総裁の弱気発言
などもあり、EUR/USDが1.3800を超えてきたことでEUR/USDショートは完全撤退。

市場はユーロを買いたい理由、ドルを売りたい理由ばかりを探しているようなので、
今夜のADP雇用統計で少しでも悪い結果となれば
それ見たことかとドル売りにつながりそうです。

2ヶ月連続で予想を大幅にオーバーして雇用者数増加、
というのは考えにくいので、今夜は頭を切り換えてユーロロング、ドルショート目線で
見ていきたいと思います。

応援クリックよろしくお願いします!。
にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック