応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2011年01月05日

ドル vs ユーロ

今日から仕事が始まっていますが、
社長からの年始の挨拶から始まり、
会社の近くの神社にお参りして「さぁ仕事だ」と席に着き、
「さてどこまで進んでたっけ?」と休みの間に綺麗に忘れ去ってしまった
仕事の内容を思い出すのに一苦労でした。

午後からは徐々にエンジンもかかってくるでしょう。たぶん・・・


ドル円の戦略はランキング上位のこちらの方と一致。
しかしEUR/USDはというと・・・詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (17位 共に学び・・・)




昨夜のFOMC議事録から触れてみたいと思いますが、
QE2についてFRBメンバーは計画の見直しは難しい
との見解を示していたようです。

最近の米指標はそれほど悪いものはでていませんでしたが、
中期的に見てまだまだ安心できる状態ではないということなのでしょう。

明後日の米雇用統計でも好結果が期待されますが、
6月に効力の切れるQE2がさらにQE3に発展することになると
そこからはドル売りとなりますが、今の時点ではドル買い方向でいいと思っています。

また先日EUR/USDが1.34台まで反発していましたが、
ソブリンリスクを抱えるユーロが上昇し続けることはあり得ない
と思いますし、ドルが堅調であればユーロが売られるのは必然。

ドル対ユーロの強弱バランスを意識していくと、
今後のEUR/USDのトレードはやりやすそうだと思います。

一方豪ドルはようやく一服してきてくれました。
昨日の81円台タッチを皮切りに、もう少し下落してきて欲しいところ。

ドル円同様、中期的に見たら豪ドルも買いですが、
80円〜81円前後で仕込めると最高だと思ってます。

落ちるナイフを途中で拾わないよう、
落ちきったところを拾っていきたいと思います。


豪州は洪水ニュースが聞かれますが、他にも猛暑、干ばつもあり大変そう。
それらをわかりやすい画像で解説してるのはこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (10位 まり日和)



posted by しー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック