応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年10月25日

G20明けドル売り優勢。一方中国は・・・

最近の掃除機はいいやつは高いですね。
モノは小さいのに技術が詰まっているって感じでしょうか。

下の娘がハウスダストアレルギーと診断され、
ちょっと奮発して高めの掃除機を買いました。

掃除機をかけるのは私の担当だそうです。(嫁命令(-_-))

ハウスダストを気にするなら普段からあなたがしなきゃなんじゃないのかね?
という疑問は置いておいて、娘のためにがんばりますよ。

FXのほうもがんばっていきましょう!
今週もよろしくお願いします!!


初体験でビギナーズラック?!
こういうこともあるんですね。ある意味凄い・・・。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (32位 女性の直感FX・・・)




まずは兵ブロガーの週間予想から見てみましょう。

先週は5対2で円高予想が優勢でした。
ドル円の週足は十字線ながらも陰線となり、
一応多数派の予想的中ということになりますかね(かろうじて)

今週もドル売りなのかドル買い戻しなのか
日替わりで変わっていきそうですが、
とりあえず今日の午前中まではドル売りのほうが優勢となっています。

ドル円は対円通貨では独自の動きをしていますが、
やはり最安値更新へと向かうのではないかと予想。

よって今週の週間予想はこうしました。
 ⇒ 兵ブロガーの週間予想


15年前の79円75銭をつけたときの年初からの動きはどうだったのか?
95年当時は凄い勢いでドル円が上下していたんですね。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (1位 FX歴9年目・・・)




今日は中国の住宅関連のニュースを紹介してみます。

中国、Q4の住宅購入キャンセル10万件超(外為どっとコム)
700億円かけた中国の都市、入居者がいなくて早くもゴーストタウンに(サーチナ)

先日はサプライズ的に切り上げが行われた人民元ですが、
中国の景気減速懸念からリスクオフとなり、
クロス円はやや調整下落となりました。

今回のニュースは中国の住宅バブル崩壊への序章っぽい内容ですが、
ここまでのところこのニュースに反応はしていないようです。

材料としてはドル買い材料ですが、
G20明けの注目は引き続きドル売りのほうに寄っているようなので、
今日の午前中はEUR/USDは1.4030付近まで上昇しました。

これまでのユーロの上げすぎ発言や、
ドル買い戻しの燻り感などから、
EUR/USDはここは売り場だと見ています。

ちょっと火がつけばすぐに100pipsほどドル買い戻しにつながりそうですので、
ここはリスクをとって売りを仕掛けていこうと思います。

さてこれがどう出ますでしょうか・・・。
とりあえず夜まで放置しておきます。

最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
posted by しー at 12:26| Comment(3) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
いずれドル円の最安値更新はあると思っていますが、その前に戻すというか戻して欲しいのですが…
83円くらいまで。
安値更新の時期ですが、サミット前後の再来週辺りかな〜と。
Posted by あさ at 2010年10月25日 13:40
既に安値更新してしまいました・・・。
戻して欲しかったですが。

一体ドル円はどこまでいくのでしょうか?
78円台?77円台?どの時期に行くのか
反発覚悟で単独でも介入を実施する
つもりなのか?気になります。

どうも、G20を終えて一層介入もし難く
なったようですし、そうなると大きく
下げてセリクラで自立反発からの上昇で
86円で止められるパターンしかないので
しょうか。

一方豪ドル円は強いですね。と言っても
85円止まりでそれからは、中国元切り
上げやドル円につれてダウントレンドに
向かって欲しいものです。

以上妄想でした。
Posted by あさ at 2010年10月25日 15:58
あささん、こんばんは♪

ドル円80円40銭で止まるとは思いませんでしたが、
今週は戻せば叩かれる展開っぽいですね。
ここまでくると最安値更新は時間の問題のように思えます。

更新後はどこまで下げるかわかりませんが、
下げ止まった後は怒濤の買い戻しが入るでしょうねぇ。

直近では来月のFOMCが1つのマイルストーンになるのではないかと思ってます。

まさかドル円60円というレベルまではいかないと思いますが、
何が起こるかわからない世界ですからねぇ・・・。
Posted by しー at 2010年10月25日 21:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック