応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年09月17日

頭で考えると何が何だかわからなくなりそうです

昨日は介入2日目ということでどう動くか楽しみにしていましたが、
それほど派手な動きはなく、底堅い印象でした。

ドル円は85円を割ることなく買い支えられていたので、
85円前半レベルでは介入警戒からの投資家の買い戻しか、
もしくは少しずつ介入があったのかも知れませんが、
とりあえず目先は85円が焦点となりそうです。

またユーロが強くEUR/USDは1.31台まで上昇。
対ドルでも対円でも上目線となっています。

豪ドル円は一時80円割れから大台を回復し、
こちらも堅そうな展開です。

押し目待ちになんとやらなので、
豪ドル円のロングは80円付近から「えいやっ」で入ってもよいのかも知れません。

昨夜の米指標のフィラデルフィア連銀指数は予想より弱かったものの、
その後狙いすましたように買いが入り、
指標トレードで売りで入ろうとした人は
見事に刈られてしまったのではないでしょうか。

「高値圏と思えるところで売ろう」
と思っている人が多くなると、
それを狙ってフェイントをかけつつ逆で刈る。

こういう考え方も頭に入れながらチャートを見ていくと
ダマシに会う確率は減るかも知れません。


思惑と異なった動きをした後にとる行動が勝ち組か負け組かを分けるような気がします。
休むも相場ですよね。FX的にも体的にも。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (36位 侍おやじの・・・)




さて本日は金曜日で3連休前です。

来週20日(月)は日本は休日なのできっと介入はない、とすると、
海外勢は20日に円買い攻勢を仕掛けてくるかも知れません。

となると本日はクロス円などのロングポジションを持ち越すのは
リスキーかも知れないとなるので、
買いは買いでエントリを躊躇してしまいそうです。

さらにそのように考えている人が増えると、
前述のようにそんな人達を狙って逆に買いで刈ってやろうという輩がでてきて、
もう何が何だかわかりません(笑)

指値で天井を狙ってやろうとスイング的に欲張るとやられそうなので、
チャートを見れる間は余計なことは考えず、
素直にチャートの声に従ってトレードしたいものです。


介入規模はどの程度まで可能なのでしょうか?
前回の介入当時を振り返るとまだまだのような気がしますねぇ

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (85位 為替千里眼)





<今日のポイント>
引き続き底堅い展開か?

ドル円介入2日目のドル円は目立った動きはありませんでしたが、
85円を割ることなく推移しています。
時間足を見るとどのローソクも短く動きはゆったり目。
85円前半にきたときにロングをしかけてじっくり勝負したほうがよさそうです。
  
ポンド円日足雲の下限付近での攻防となっていますが、
下ヒゲ陽線をつけて下がりたくはなさそうです。
とはいえドル円が上げ渋ればクロス円も一段の上昇は厳しそう。
天井狙いの売りで入るか、押し目買いを狙うか
短期で回すのが一番安全ですね。
  
豪ドル円80円台の大台で引けてきました。
週足雲の上限の80円50〜60銭がレジスタンスゾーンと見ると
上昇余力はそれほどなさそうでしたが、
そこを越えてくると次のターゲットは81円80銭付近となり、
順張り買いでも行けそうな気がします。
一旦軽く調整が入って欲しいところですが、
タイミングを見て買っていきたいと思います。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
posted by しー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック