応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年09月15日

菅首相再選のタイミングで介入実施!

昨日の民主党党首選挙に関わる円高の動きについてを今日のネタにしよう
と思っていたのに、本日午前中に政府&日銀が禁断のアレをやってしまいました。

これで日本終了が早まってしまうのでしょうか・・・


2010年9月15日 10時35分
財務相から要請を受けた日銀が円売り介入を実施しました。

2004年3月16日以来の6年半ぶりの介入となります。

専業トレーダーなら、今朝はめいっぱいの全力ロングで勝負して
大勝ちしていることでしょう。

専業ではない人は指値では臨機応変対応ができないので、
こういう時に全力勝負するのは危険すぎます。

あっというまに30、50pipsと動いてしまいますからね。

セリングクライマックスの逆版で、
バイイングクライマックスのようなもの。
(損切りではないですが)

とりあえず午前中の1時間半で
ドル円は83円付近から85円付近まで150pips以上上昇。

その他クロス円も同様に上昇しています。

気になるのはこの介入がどこまで続くのか、
買い終わるのはいつなのか、という点です。

この点についてツイッターで聞いてみました。

すーさんことガンパウダーの鈴木さんが疑問に答えてくれたので、
そのやりとりを抜粋してみます。

(し:私 す:鈴木さん)

し: 介入って銀行などが起きてる間はひっきりなしにするものなのでしょうか?
す: それは、やり方次第ですね。
し: 時と場合によるんですね。東京タイムはこのまま上昇とみていいのかなと思ったのですが、
   介入の止め時がわからないので欧州待ちなのかな?
す: とりあえず、欧州待ちでしょう。
   まぁ、本気見せるために、断続的にやってるみたいですが・・・
し: どこまで弾が持つか、どこまで弾を出してくるか、ですね。ありがとうございます〜。

塾長のブログでは介入があれば2,3円の上昇はあるだろうと書かれていましたが、
海外勢やファンド勢はこれを機にタイミングを見て売り攻勢をしかけてくるでしょう。

ではどこで売りを仕掛けてくるのか?

介入は1日で終わるものでもないので、長い目で見ないといけません。

前回の介入は2003年1月15日から2004年3月16日まで続きました。
当初は4営業日連続で介入があったようなので、
今回もとりあえず今週いっぱい東京タイムは上昇傾向にあるのではないかと思います。

まずは今夜の欧州勢、NY勢の出方を見たいと思いますが、

 東京タイム:円売り
 欧州タイム以降:円買い

の構図になるのか見ておきたいと思います。

そして今後、東京タイムでの買い弾がなくなったときに、
どこまで円高が進行するのかも注目ポイントです。

ボラが一気に高くなり、うまく波に乗ればこれほど稼ぎやすい状況はありません。

私もFXを始めてからリアルで介入で見るのは初めてですが、
まずは初日の今日の東京タイムの値幅を参考にして、
今後のトレードに生かしたいと思います。

<今日のポイント>
ドル円はとりあえず85円が目標か?
欧州勢は買いで乗ってくるか売り叩いてくるか?

※今日の狙い目はお休みします〜


今日はきっと「介入キター!」というブログが一杯になるんでしょうね。
こういうときに記事タイトルの重要性が問われます。あなたの気になる記事タイトルはどれ?

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ 




最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
posted by しー at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック