応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年08月23日

日銀の姿勢と豪ドル円について

お試し券でメダルをもらい、わずかな枚数で遊んでいたところ、
じゃらじゃらと増えてしまいました。

もうちょっと遊んでいこうとさらにメダルをぽいぽい放り込んでいくと、
Super Jackpotに的中!一気にメダルが増えてちょっと嵌ってしまいました。

「ゲーセンのメダルゲームなんて何が面白いの?」
と思っていましたが、やばい、はまる〜。

65枚→1200枚に増えているので、
お金がかからず、涼しい遊び場が増えました♪
ツイてるツイてる〜。


魔物のすむレート。これだけピタリと止められると、
何かの見えざる力が働いているとしか思えませんね。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (8位 張飛のFX・・・)




月曜日恒例の兵ブロガーの週間予想から見ていきましょう。

先週は5対2で円高派が優勢でした。
ドル円の週足は陰線だったため、円高予想が的中でしたね。

2週続けて週足はやや下ヒゲがでているので、
そろそろ底も近いか?との見方もできましたが、
今週の入りから高値更新する状態にはなっていないので、
底打ちはまだのようです。

今朝は菅、日銀総裁の会談について野田財務大臣は
「何も聞いていない」と発言。

その後、官房長官から今朝電話会談があったことが表明。
かなり拍子抜けな感じです。
円高阻止する意志があるのかないのかどっちなんでしょう。

追加緩和策があるとしても対して効果のないものしか出せず、
単独介入をしてもむしろ逆効果となるのがわかっているだけに、
下手に会談という「形」を作ってしまうとなにか手を打たざるを得ず、
それを避けたかったのかも知れません。

ということで今日の欧州タイム以降は円高に警戒が必要かも知れません。
1週間を通しての予想はこちらです!
 ⇒ 兵ブロガーの週間予想

もう1点。

オーストラリアの総選挙がこの週末にありました。

議席数確定は24日か25日の予定ですが、
現時点でハングパーラメント(どの政党も議席の単独過半数を獲得していない状態)が
確定し、政局不安から豪ドルが売られています。

今朝は窓開けオープンとなっていましたが、
今のところ窓埋めには向かっていない様子。

この状態がそれほど大きな豪ドル売り材料とは思えないので、
そのうち窓埋め達成するとは思いますが、
むしろ円買いによる豪ドル円下落という後押し状態となっているのかも。

買いたい気持ちむんむんですが、
75円付近までは我慢したいと思います。


ポンド円の今週の予想は「戻り売り」
私はそこまでの戻りを狙った逆張り買い。結果的に勝てればどちらも正解♪

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (40位 侍おやじの・・・)





<今日のポイント>
会談話の肩すかしにより円買い継続か?
EUR/USDがもう一押しありそう。

ドル円引き続き85円付近での揉み合いと見て軽く買いで入っていきたいと思います。
なかなかこの状況を抜けるきっかけが見つかりませんが、
9月の雇用統計辺りまではこのまま揉み合い継続となる気がしてます。
  
ポンド円先週は雲を下抜けたものの日足ボリバンにタッチしたあと、
下ヒゲをつけて一旦は下げ止まりの形となっています。
しかし今日の形は反発買い優勢という形でもないため、
まだ揉み合い相場は続きそう。132円前半から下げ止まるようであれば買い
で入りたいです。今週は雲のねじれがあるので変化に注意!
  
豪ドル円総選挙の結果を受けて豪ドル売りとなっています。
窓開けオープンの下落となっていますが、75円まで下落してもらって
押し目買いを狙っていきたいところです。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
posted by しー at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック