応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年07月08日

戻り売りの踏み上げに注意

上の娘(5歳)が発熱し始めました。

下の娘(1歳)が水疱瘡を発症して12日目。
潜伏期間は14日なので、そろそろ症状が出始めてもおかしくないですが、
それほど高熱というわけでもないのでうつったのかどうかはまだ微妙。

昨日の夜は涼しかったので、風邪ひいただけ?という線も残ってますし、
あと2,3日の様子見が必要そうです。

とりあえず私も手足のあちこちが痒いのですが、それは蚊に(ry


スキャルで建値ストップに挑戦!私は一時建値ストップ作戦を多用していましたが、
今は結構利が乗らないとしないようにしてます。ポンド円などは特に。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (6位 為替兎の・・・)




クロス円は難しい、と書いたとたんこれだもんなぁ。

昨日はダウが底堅く上昇し10000ドルを回復。
日経平均も朝から大幅上昇となり、クロス円が全体的に上昇してきました。

さらに追い打ちをかけるように10時30分の豪雇用統計が非常に強い結果となり、
豪ドル円は77円台に乗せてきています。

ショート勢のカバーも大量にでているようなので、
今後は底固めの状況になりそうです。

今週は「クロス円戻り売り」と兵ブロガーで書いたのですが、
どうも後手後手に回ってしまっている感があります。

今日の流れは明らかに上向き。

この流れに逆らって戻り売りを狙うのは危険でしょう。

欧州大手銀行のストレステストによる動きも気になるところですが、
今夜のECBでもその話題にふれられることも考慮し、
ユーロも上目線で見ていった方がよさそうです。

いずれEUR/USDは下向きに変化するときが来るでしょうが、
それが1.28をつけた後なのか、1.30をつけた後なのか今の時点ではわかりません。

ポンド円については6月はずっとレンジ相場が続いていましたが、
このレンジが突破されるとトレンド相場がしばらく続くことになりそうですので、
流れに乗っていくことにしましょう。
(ポンド円のレンジは130円〜136円)

ドル円については5月にサポートされていた89円が節目となりそうですね。


ポンド円4時間足のダブルボトムを形成して上方向へ。
上値の目処はどの辺りかこちらのブログで確認しておきましょう。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (46位 侍おやじの・・・)





<今日のポイント>
リスクオン!!ショートカバーに乗って買いまくり?
ECBの出方に注目

ドル円昨日の欧州タイムには87円付近まで下落し、
11月23日の84円79銭目指して下落か?と思わせておきながら、
87円をがっちりサポート。その後NY終盤にかけて87円後半まで戻してきました。
日足では昨日の下ヒゲ陽線を計上したので底打ちの形か?
今日は87円中盤〜後半にかけてのロングで勝負したいと思います。
  
ポンド円ポンド円も昨日の17時が底でした。
131円前半まで下落したもののそこからV字回復して133円35銭まで上昇。
7月は131円〜133円後半でのレンジとなっていましたが、
今朝のクロス円上昇でレンジブレイク。
ロング攻めの強気の地合いに変わってきたようですが、
今日はECB、BOEがあるので一応そこでの弱い声明に注意しつつ
押し目狙いでいきたいと思います。
  
豪ドル円大きく反発してきた豪ドル円は、
直近高値と安値の半値が76円76銭付近。そこには日足基準線もあるので、
一旦キャップされやすいかと思っていましたが、
午前中の豪雇用統計の結果を受けてさらに上昇。
日足雲の下限の77円70銭付近までの上昇が見えてきました。
雲は結構厚いので雲を抜けることはないでしょうが、
その後は押し目買いを狙っていきます。どこが押し目かわかりづらそうですけど。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
posted by しー at 12:31| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
戻り売りの踏み上げ

なんだそりゃ?
意味わからん。

そもそも、戻りというのはダウントレンドで値を多少返すことを戻りっていうわけ。
よって、戻り場面は絶好の売り場だろ。

ダウントレンドじゃない時に、値を上げるのは戻りって言わねえよ。
Posted by 相場師 at 2010年07月08日 15:29
相場師さん、こんにちは♪

言葉の定義について教えていただきありがとうございます。
わかりにくい表現ですみません〜。

絶好の売り場だと思ったら、そのまま上がってしまって踏み上げられてしまうのを注意
という意味で書いたつもりです。

ということは相場師さんは、上昇トレンドに入った、という見解ということですね。
参考になります。
Posted by しー at 2010年07月08日 15:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック