応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年06月30日

何が何だかわかりませんw

ワールドカップは、日本残念でした。

前半の松井のシュート、後半の本田のシュート、延長の玉田のゴール前など
どのチャンスもあと一歩だった。

でも守りは堅かったし、よくがんばったよ。お疲れ様でした。


ポンド円は三角保ち合いの頂点へ。
抜けるのはどっち?抜けたらどこまで行く?詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (41位 侍おやじの・・・)




昨日の相場は23時までと決めていましたが、
リスク回避の流れとなってしまったのでスキャらないわけにはいきませんでした。

しかし昨日は私にとっては難しかったです。

一昨日までは対ストレートでポンドが堅く、
ポンド円もロングでイケイケだと見ていました。

対円ではリスクonということでユーロ円もロング方向で見ていたため、
昨日の相場への切替ができなかったのが敗因です。

忘れた頃にやってくるリスク回避モード。

コツコツ勝って、ドカンと負ける典型パターンになってしまいました。

これはちょっと猛省しないといけませんなぁ。


ドル円は88円前半まで下落して、GWの大暴落の下げ止まりの87円94銭が間近に迫っていますが、
今回のリスク回避の発端がドバイ関連のため、それほど深くないかも?と高をくくっていました。

しかし、他にも材料がありました。

EUR/CHFが急落していますが、ユーロ売りについてはECBの1年モノの満期が明日7/1となっており、
ここでの借換ができないかも?という状況になっているようです。

今日明日は月末要因での動きと上記ユーロ懸念の動きで、
リスク回避となりやすいかも知れません。

加えて金曜日の雇用統計の数字を見ると
ドルについても積極的に買う地合いではないとすると、
やはり消去法的に円が買われる流れとなるのは必然か。

といっても88円を下回ってくると「行き過ぎた円高」ということで、
本邦が口先介入してくることも考えられ、
もう何が何だかわからない状態です(笑)

88円はさすがに維持されるんじゃね?
と楽観的にロングで刃向かっても面白いですが、
昨夜の消費者信頼感指数の悪化、今夜のADP雇用統計の数字などで
ドル円が急上昇する要素はあまりないので、
金曜日まで様子見しておいた方が無難なのかも知れません。

資金に余裕がある場合は、豪ドル円の75円水準は良い買い場かも知れませんね。


ユーロ懸念について明日の不安材料は3つ。
借換えは4420億ユーロと巨額だったのですね。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (18位 まり日和)





<今日のポイント>
月末+半期末+リスク回避+その巻き戻しで乱高下となるか?

ドル円5/20の安値を割り込み88円50銭付近まで下落してきました。
昨夜はダウ先からして10000ドルを割り込み、23時の米指標も
悪い結果だったのでドル円を買っている場合ではありませんでした。
次は5/6の安値の87円94銭がターゲットとなります。
今後も安値更新の可能性も十分にありますが、
88円割れは日本にとって黄色信号となるので安値警戒から
新規の売りは少ないかも?下げ止まったのを確認してからロングで入るのもありかも。
  
ポンド円日足は雲を嫌った形で下落してきました。
クロス円が軟調の中、ポンド円にしては下落幅が少なかったですが、
一応133円のレンジは崩れてはいません。(今朝132円90銭までは行きましたが)
今日の月末をクリアすると明日からは違った展開となるかも知れませんので、
133円ブレイク狙いのショートと、反発ロング両方を狙っていきたいと思います。
  
豪ドル円またもや予想外というか歓迎すべき押し目がやってきました。
豪ドル円がポンド円より下落幅が大きいのがよくわかりませんが、
75円からは買い向かっています。
ここはちょっと強気で攻めたいところ。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
posted by しー at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック