応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年05月20日

この人は何を言ってるんだ?

昨日は荒い相場で全然波に乗れず、
痛い目をみたので相場そっちのけで本を読んでました。

ビジネス本で涙が出るほど泣けたのは2冊目です。

昨日読んでた本はこれ
ちなみに泣けた1冊目はこちら


あなたの破産確率は?
んー私は計算したことない。スキャルでポジりまくる人はどうやって計算するんだろ?

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (33位 新・脱サラ女・・・)




昨夜のNYタイムはダメダメちゃんでした。

MT4が重たいためなのか、取引レートとMT4のチャートが若干タイムラグがあり、
そのせいでエントリするポイントが若干遅れ、
結果的に最悪なところでエントリする、という事態が発生していました。

このことに気づくまでに5回ほど損切りしてしまい、もうやる気ゼロ。

MT4のサーバーを変更したり、別会社のMT4を使ってみましたが
あまり症状は変わらなかったので今日からどうしよう・・・。

あのタイムラグはスキャルには致命的なので、
問題を解消する方法を探っておきたいと思います。

その荒れた相場ですが、
EUR/CHFの1.4000を維持するためのスイス中銀のユーロ買い介入や、
ECBが協調介入するだとか、その他色々な発言が飛び交い、
もう何がなんだかわからない状態でした。

笑ったのがこれ。

ギリシャ財務相:「欧州連合からの離脱を考慮に入れる可能性がある」

おいおい、救済してもらっているくせに何を言い出すんだ?
と思いましたね〜。

ギリシャ離脱となれば、ポルトガルやイタリア、
ひいては救済側のドイツなども追随し、
ユーロ崩壊へと向かうことになる可能性大。

ECBとしては体裁を守るため全力で阻止してくるでしょうし、
実際に実現する可能性は低そうですが、
ユーロが浮上する時期はかなり先になることだけはわかります。

昨日から今日にかけてEUR/USDは1.24台に戻すなど
やや上向きになっていますが、そのうち叩き売りにあうのは
時間の問題でしょう。(ということで引き続き戻り売り狙いです)


こうやってチャートを見ると綺麗な例の形になってます。
ネックライン越えで勝負のときですね!詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (31位 侍おやじの・・・)




最近はユーロ売り一色のセンチメントだったので、
日々の指標イベントを気にしているのがばからしくなってきます。

ということで指標イベントについてはノーコメント。

個人的には昨日の損切り分の精神ダメージが抜けないので、
昨日の今日でちょっと小休止するか、
少なめの枚数でちょいちょい反発を獲っていきたいと思います。


<今日のポイント>
底打ちからの反発狙い(但しビビリ気味w)
EUR/USDは1.25手前での戻り売り狙い

ドル円91円50銭を割り込んだことで押し目買いは一旦やめて
途転ショートとなりましたが90円94円で下げ止まりました。
その後は91円中盤から後半で揉み合い中です。
引け値で雲の中を維持したわけですが、91円40〜50銭を割り込んで
ひけてくると90円までの下落モードに突入しそうです。
楽観的に買いづらくなってきましたし、
昨日の嵐のあとの今日なので様子見しておきます。
  
ポンド円5/6の安値ちょい下の129円75銭をつけた後、
日足では陽線のトンカチを計上してきました。
この足だけを見れば下げ止まりの形ですが、
センチメントを考えると・・・。
アグレッシブにいくなら130円〜131円台から買い向かっても面白そうです。
うまいところでポジションが持てれば135円近くまで引っ張れるだけ
引っ張りたいですが、昨今の荒い相場では確実に利食いしていったほうがよいでしょうね。
  
豪ドル円豪ドル円は異常に弱い状態でした。
5/6の安値を突破し76円前半まで下落。
堅い豪ドルがここまで崩れるとは意外でした。
値頃的には買いたくなるところですが、
まずは打診買い程度に留めておき、78円台にしっかり乗ってこれば
買い増していきたいと思います。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
ラベル:FX
posted by しー at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック