応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年05月18日

買いは慎重に、売りは大胆に

奈那子さんのブログで紹介されていますが、
5/29(土)に東京にてFX友の会に参加する予定です。

豪華講師陣やブロガーの皆さんも参加されるようなので、
ご都合の合う方はこの機会にいかがでしょうか?

申し込みの締切り期限が近いのと、
すでに結構な人数の方が申し込まれているようなので決断はお早めに!

もし当日お目にかかれたら気軽に声をかけて下さいね〜!!
 ⇒ お申し込みは奈那子さんのブログより


ドル円はクロス円に比べて下落率は低いんですよね。
そんなドル円は日柄を通過。今後の戦略は?詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (34位 共に学び・・・)




昨日のクロス円は日中に安値トライをし、欧州タイムは反発上昇、
その後NYタイムでも同水準の安値トライという行ったり来たり状態でした。

買いを狙っている人も、売りを狙っている人も、
タイミングさえ間違えなければ利益の出せる状況でしたが、
日中はチャートをみながらエントリはできないため買いは断念。

NYタイムは売りを狙っていたのでじっくり待ってからショートでごちになりました。

豪ドル円の80円手前と、ドル円の91円50銭手前では、
結果的にはいい押し目(まだ押し目というには早いけど)となりましたが、
指値勝負は怖かったので結局利益は出せませんでした。

びびらずに指値していれば100pips以上は抜けたはずですが、
今はどのクロス円も買うのは相当の勇気がいります。

一旦ショートカバーの流れができてしまえば
昨日のようにある程度まで上昇してしまうのでそれに乗ればいいのですが、
まだまだ大きな流れは下向きと見ていますので、
買いは慎重に、売りは大胆に攻めていきたいと思います。


ポンドは売り推奨?
キャピタルゲイン課税の行方も気になるところです。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (26位 まり日和)




今朝はRBA議事録の発表がありました。

「金利は平均水準にある」
「金融政策は現在のところ適切な状態にある」

などとこれ以上の行動の必要性が薄いことを示す内容がでて、
豪ドルはやや軟調な展開となっています。

また米上院で返済能力のない国へのIMF融資に反対する法案が可決され、
このことが欧州支援策について影響ありと見る向きが強く、
リスク回避モードが継続しているようです。

豪ドル円は現在80円60銭の水準ですが、
昨日と同じように80円を維持できるのかが目先のポイント。

豪ドル円の明確な売り材料は特に見あたりませんが、
円買い地合いが続くなかで大台を維持することができるのか、
この後欧州タイムまでの動きに注目です。


<今日のポイント>
再び、豪ドル円の80円は維持できるか?
EUR/USDの安値トライはどこへ行った???

ドル円昨日は91円75銭を底値に反発しましたが、
NYタイムにも下値を伺う展開となりふらふらしてました。
1時間足ではようやく下げトレンドから上昇へ移り変わりかけていますので、
92円台を維持できている限りは93円50銭に向けてロングを仕掛けて
良さそうです。ただ上値追いはリスキーなので、
92円前半での押し目買いを狙っていきます。
  
ポンド円日足では長い下ヒゲを計上しました。
1時間足では134円〜135円台にかけて雲が覆い被さってきていますので、
上値は重そうですが135円を抜ければ買いに勢いがつきそうですが、
すでに133円台へ反落しておりやはり今日も戻り売りがメインでしょう。
133円〜134円台での売りチャンスを狙っていきたいと思います。
  
豪ドル円80円の大台でサポートされること2回。
東京タイムとNYタイムで80円を死守しました。
なかなかあの状況で買うのは勇気がいりますが、
ロングが仕込めた人はひとまず安泰かな。
しかし日足ではまだ下げトレンドの終わりは見えていませんので、
まだ下値トライがあるかも知れません。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
ラベル:FX
posted by しー at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック