応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年04月20日

トレンドが変わる判断基準

今日は雨ですね。
ところで春の雨と書いて春雨(はるさめ)ですが、
なぜあのつるつるの物体が春の雨なんでしょう?

ちょっと調べてみると・・・

「春雨」という名前の由来は、その形状から容易に想像がつくように、
「春の細かい雨」に由来します。

ですって。ほんとに春の雨から来てるんだ!
へぇ〜。


今まさに自分が潜る順番・・・。ん〜いいお言葉をもらいました。
こういう考えができるかどうかで人生に深みが増しますよね。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (4位 為替兎の・・・)




昨日は目立った指標はありませんでしたが、東京タイムは円高優勢。

欧州タイムからは売り一巡ということで逆に反発し始め、
NYタイムまでじわじわ上昇する展開が続きました。

トレンドが切り替わったと判断したら、さっきまでのトレンドは忘れること。
いつまでも固執していると、損切りの嵐となってしまいます。

切り替わったかどうかの判断基準は人それぞれだと思いますが、
MACDの傾き、MAの傾き、トレンドラインをブレイクなど
いくつもありますので自分のトレードにあったものを見るとよいでしょう。

MACDやMAの傾きと一言でいっても、チャートの足の長さや設定によって千差万別
ですので、そこは研究対象ですよね。

私はスキャル〜デイトレをしているときは5分足の20MAを参考にしています。

1分足も見ていますが、こちらはサインが早すぎるのであまり信用していませんが、
スキャルで利食いするときは1分足を見て判断しています。

なのでトレンドが出始めたときは「あぁぁぁ〜利食いが早すぎたぁ〜」
となってしまうんですけどねw

さてさて、今朝はRBA議事録の発表がありましたが強い内容となりました。

「金利は平均をやや下回っている、今後一段の利上げが必要」
「さらに利上げが必要」

などとさらなる利上げを示しており、金利先高感による豪ドル買いとなっています。

が、それほど突っ走ることはなく86円手前で失速してます。

どうもまだ各国株安懸念による不穏な動きがありそうな予感。

といっても豪ドルは買いで間違いないので、
ガンガンロングで攻めていきましょう。


英国総選挙が注目される理由とは?
こちらのブログで改めて確認しておきましょう。最後のオチに笑ったw

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (92位 為替千里眼)





<今日のポイント>
月曜日の下落をはき出して円安進行へ
英CPI(17:30)発表後のポンドの行方
米金融機関の決算発表

ドル円91円60銭付近まで下落後、欧州タイムからじわじわと上昇し、
92円中盤まで戻してきました。92円中盤は時間足雲があり、
短期トレンドラインの上限付近でもあるので、
ここらで一服するかも知れません。
今日はあまり大きく動きそうにないので様子見とするか、
92円台後半での戻り売りを狙います。
  
ポンド円150円60銭〜132円のフィボナッチの38.2%ライン(139円40銭)で
ちょうど止まった形となり、その後引けにかけて200pips以上戻して
きています。今日はこの反発が抑えられ反落するところを狙いたいですね。
目処は142円50銭前後でしょうか。
その後は再び下落モード突入を期待したいところ。
  
豪ドル円豪ドル円は久しぶりのポジションです。
ロングが幾つかヒットしていますが、理想は87円台まで引っ張りたい
と思いますが、86円台で利食いしてしまうかも。
利食い欲求に耐える試練を味わいたいと思います。


参考になったと思われた方は1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
ラベル:FX
posted by しー at 12:25| Comment(2) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。
オージー円はせいぜい上がっても86円半ばだろうと思い込んでいたのが、ここまで 上がるとは思ってませんでした。
このまま高値更新ないと思いますが、下げもそれ程深くはならないでしょうか?
Posted by あさ at 2010年04月21日 06:22
あささん、おはようございます♪

上げてきましたね〜。
1時間足を見ると気持ちのいい右肩上がりです。

今日は一旦調整が入りそうですが、
今日のお昼の更新の狙い目では、豪ドル円の次の仕込み場は85円60〜80銭辺りを狙っていきます。

N字で上昇するならもう少し上かも知れませんが、調子押し目はうまく拾いたいですね。

今日もよろしくお願いします!
Posted by しー at 2010年04月21日 08:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック