応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年03月01日

基本は下向き。だけど・・・

これは凄い返金条件のものがでてきました。

「利益幅に満足できなければ返金します!」

って、どれだけ勝っても返金OKと言っているようなものじゃないですか。

これ系の商材はもう私には必要ないと思っていましたが、
今回のものは私も欲しいと思ってしまいました。

どうせ商材代はFXで得た利益から経費で落とすので、
ちょっと買ってみてもいいかも。

「パソコンの電源を入れることさえ不要」
というのが超気になります。

自分の裁量トレードに自信がないわけではありませんが、
別の利益の柱としてもう一本利益を生み出す流れを用意しておくのも悪くなさそうです。
 ⇒ 詳細はこちら!


明日のRBAでの利上げは楽観できないかも?
その他今週の主要イベントを詳しく解説中!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (92位 為替千里眼)




今日から3月です。
早いもので、2010年も2ヶ月が過ぎてしまいました。

月足を見ると1月、2月と下向きの流れとなっており、
ドル円は月足転換線に押される形となっています。

3月は期末の外貨建て資産売り(レパトリ)により円高になりやすい
とされていますが、91円30〜50銭のラインを越えてこないと、
アノマリー通り円高優勢となりそうです。

そして今週はイベント目白押しの政策金利週間です。

兵たちはどのような予想をたてているのか非常に気になりますね。
 ⇒ 兵ブロガーの週間予想

先週は2:6で円安予想が多かったですが、
結果は円高となりました。

今週はその流れに沿って円高予想をしてくる人が多いと思われますが、
私は敢えて流れに逆行してみます。

理由としては単純に2/4の安値(88円50銭)で下げ止まると考えているから。

IMMポジションを見ると、EUR/USDのショートポジションは71,623枚と
かなりたまりまくっています。

ギリシャ問題でユーロ売りの流れは当然であり、
私も基本的にはユーロ売りスタンスですが、
今週は木曜日にECBがあるので何が起こるかわかりません。

ひとたびショートカバー優勢となれば凄い勢いで反発することでしょう。

ユーロ売りが止まればリスク回避も止まり円売り炸裂
という流れから円安方向に動くことに賭けました。

といっても当然ながら引き続きリスク回避モード継続
というシナリオもあるので、戻り売りも視野にいれてはいます。

ECBが手段を間違えれば下向きにも大きく動く可能性があり、
欧州各国の国民感情をなだめうまく対処することができれば
巻き戻しのきっかけとなるかも知れません。

後者の可能性は高くはなさそうですが、
波乗りの乗りこなし感を得たい人には面白い相場となりそうです。


ポンド円の移動平均乖離率を見ると反発がありそうな予感。
ただし手を出すのは慎重に。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (50位 侍おやじの・・・)





ドル円2/5の安値88円50銭を意識した1日となりそうですが、
午前中は買い戻しが優勢となっています。
1時間足の下落チャネル上限を超えてくると、
下落トレンドは一旦終了へと向かいそうですので、
89円前半からの買い狙いが面白そうです。
89円中盤から後半では利食っておき、戻り売りに切り替えましょう。
  
ポンド円先週の金曜日からポンドが弱いです。
ユーロよりポンドが弱い状況となっており、今朝は135円を再び割り込み下値を模索中。
5月に行われる総選挙が与党過半数割れの見通しが政局不安につながっている様子。
135円中盤にトレンドラインがあるため上値が抑えられやすそうです。
その付近での戻り売りと、金曜日の安値での押し目買いを狙います。
  
豪ドル円明日のRBAでは利上げが予想されているため、
比較的底堅い豪ドル円は買い戻し先として選択されそうです。
78円で持ったポジションは80円で跳ね返される前に一旦利食いし、
再度79円前半から78円後半でエントリし直したいところ。
80円を越えてくるようであれば再び順張りでロングしたいと思います。



ラベル:FX
posted by しー at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。