応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2009年12月15日

RBA議事録を受けた豪ドル円の戦略

相変わらず仕事がひどい状況が続いています。
もうこれで3週間目に突入し、デスマーチ化しています。

最近「チーズはどこへ消えた?」で有名なスペンサー・ジョンソン著の頂きはどこにある?を読み、
まさに今が逆境にある状態なのですが、
その中に見いだせるものがないことはないのですが、
逆境を順境に変える手段まで考える余裕がありません。

山の頂上は想像できている。
その山に登るための準備はまだできていない。
さらに現実が足を引っ張っている。

その中で何から手をつければあの山の上に立つことができるのか?
どうやったらこの現実から抜け出せるのか?

まだ答えはでていません。
もう一度読み直してヒントを見つけてみようと思います。

―――――――――――――――――――――――――
宝くじとトレードに共通することとは?なかなか面白いですね。
確かにそうかも。でも私は宝くじは買いません

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (5位 為替兎の・・・)

―――――――――――――――――――――――――

私生活がこんな状態なので、昨日もデイトレはできませんでしたが、
指値によるスイングはそれなりにうまくいってます。

昨日はナヒールデフォルト懸念がありましたが、
アブダビから100億ドルの支援が決まり当面は危機は回避されました。

この発表直後、落ち込んでいたクロス円は急反発。
この反発で豪ドル円の80円前半のポジションは一旦利食いされました。

しかしその後は全般的に伸び悩んでおり、
再び押し目チャンスがやってきそうです。

午前中にはRBA議事録が公表されましたが、
内容的にはこれまでの利上げ路線が一時ストップと思わせる内容でした。

・今回の会合で据え置きが議論された
・今後の利上げに対する必要性が後退

という点において、強気の豪ドル円買いに待ったがかかった形です。

だからといって豪ドル円が売られる理由にはなりません。
(利食い売りはあるでしょうけど)

2月に向けて揉み合いからどちらに抜け出す可能性が高いかと言えば、
豪ドル円に限っては上向きの可能性のほうが高いでしょう。

80円台でのポジションはスワップをもらうためのポジション
として位置づけてもいいかも知れません。

―――――――――――――――――――――――――
思わず2度読みしてしまいました。最後に重要なことが書かれてますね。
引っかからないように気をつけておきましょう!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (36位 侍おやじの・・・)

―――――――――――――――――――――――――

■今日の狙い目

ドル円昨日のナヒールデフォルト懸念はアブダビから100億ドルの支援が出て回避されました。
こうなると円高進行もストップとなりそうですが揉み合い止まりとなっています。
引き続き90円前後の雲の下限が上値を抑えるとは思いますが、
昨日とは変わって押し目のロング狙いでいきたいと思います。
  
ポンド円ドル円同様クロス円の下落も回避されそうですが、
ロングでいくかショートでいくか微妙な展開です。
20〜30pips抜くには動きがあっていい相場ですが、
大きく狙うのはちょっとやめておきます。
  
豪ドル円うまい具合に80円前半でポジションを持つことができ、
その後利食いをすることもできました。
昨日は下ヒゲを計上し再びリスク選好地合いになってくれればこのまま上昇を期待したいところ。
ロング指値は80円前半から少々切り上げて中盤から後半に移動。
81円後半の雲の上限を上抜けたら82円後半を目指したいと思いますが、
焦って利食いすることもない状況になってきたようです。


12月も引き続き極狭キャンペーン継続決定!
ポンド円はなんと1.3銭〜!これはいい!

 ⇒ DMM FXの口座開設はこちら!




ラベル:FX
posted by しー at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック