応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2016年09月13日

当面の戦略は決まった

昨夜はブラックアウト期間前に注目の集まっていたブレイナード理事の講演待ちということで様子見に徹していました。

その内容は9月の利上げを肯定するものではなく、ハト派な内容であったためにドル円は一時急落。今朝にかけてじわじわと戻してはいたものの、軟調な展開と言えるでしょう。

これで9月利上げはなくなったと見ておいたほうが良さそうです。ですがスタンスとしてはあまり変更なく、101円台での押し目があれば拾って回転させるだけ。

利上げ期待による上値追いはなくなったので、103円を越えてきたら利食いしておくのが無難でしょう。

次の新たな材料がなければ当分レンジ相場が続くと思われるため、103円以上では短期ショート勝負でもよさそうです。

21日(水)は日銀金融政策決定会合もありますが、追加緩和があったとしても105円を越えることはないのではないかと思います。

ドル円はレンジとして、トレンドの出そうな通貨ペアはポンド円でしょうか。140円のネックラインを越えてこれば買いやすくなりますが、まずはWボトムからトリプルボトムになるか、またはフィボナッチによる61.8%押しでN値形成となるかを見極めたい感じですね。

最後に以下のボタンをポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする