応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2015年09月04日

ECBの追加緩和と米利上げ

昨日はぎりぎり21時30分に着席し、チャートを見ていました。PCの起動などでややもたつき、多少出遅れたのですが、ドラギ総裁の追加緩和によるユーロの下落に間に合うことができました。

ユーロ売りと合わせて、タイミングを見計らってドル円買いやポンド円買いにも手を出していたのですが、ドル円はともかくポンド円はあまりうまくいかなかったですね。

追加緩和によってユーロ安となる → 相対的にドルやポンドは高くなる

という理論でドル円やポンド円を買ってみたのですが、ユーロ円の下落に連動してしまったためか、想定通りの値動きにはなってくれませんでした。

NYダウもプラス圏にいたので、リスク回避の逆の動きになるのを期待したのですけどね。ちょっと残念。


さて、本日は大注目の米雇用統計です。

9月利上げの可能性は20〜30%程度ということで、現時点では利上げはないと見る向きが多い様子。

そんな状況で雇用統計の結果がどどーんと良くなると、利上げ期待が一気に高まってドル買いへ、というシナリオを考えています。

有力シナリオとしては、20万人前後の微妙な結果で利上げ期待は高まらず、一時的なドル買い(むしろドル売り?)になるというのもありますが、結果を見ながら臨機応変に対応していこうと思います。

もしユーロが買い戻される場面があれば、追加緩和を打ち出してきたECBについていくということで全力で戻り売りしていきたいですね。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:23| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする