応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2015年08月13日

人民元切り下げの印象と対策

今週はのんびりと休暇を満喫している中で、突如としてでてきた人民元の切り下げというニュース。ファーストインプレッションでは「ふーん」という程度の印象でしたが、色々な情報を見たり値動きを見て、ようやく事の大きさに気づいてきました。

人民元の切り下げを行うと、通常であれば人民元安、ドル高となるはずですが、ここ数日は大きくドルが売られました。

ドルの前にまず反応したのは株式市場。中国がいきなり今回のようなことを行う背景には、昨今の中国経済に対する対策が功を奏さず、やばい状況であることの現れだと考え株価が下落しました。

これはいわゆるリスク回避行動であり、株式市場だけでなく為替市場にもリスク回避の動きがでたといえます。

米国の利上げを期待してドル買いポジションを持つ人が多くなっている中で、リスクを落とそうとすると、ドル買いポジションの巻き戻し(=ドル売り)のほうが強くでたことでユーロドルなどは上昇しているのだと思います。

また、今回の中国の行動により米国の利上げ時期が9月から後ろ倒しされる可能性があるということも事態が大きい1つの要因にあげられます。

人民元切り下げにより中国は輸出は強くなりますが輸入にはコストがかかることになり、自国内でまかなう方がお得(=商品が安くないと買われない)との流れで、コモディティが下落しています。

中国に輸出している国にとっては一大事であり、大袈裟に言えば世界的な景気減速、デフレ懸念を巻き起こす可能性もあるとのことで、これを考慮したFRBは利上げを遅らせるかもしれないという論理のようです。

その昔、2005年7月には人民元の切り上げが行われ、当時は円高となった記憶があります。今回は切り下げなので円安になるかと思いきや、実際にはドル円は円高の反応となっています。

為替市場には数学のように「AならばB」といった決まった法則はなく、その時々の参加者のポジション、センチメント、株価や実効レートなどなど、様々な要因が複雑に絡み合った結果が値動きへと反映されます。

今回の人民元の切り下げは、まだまだ続く可能性もあり目が離せませんが、我々個人投資家の対策として、短期でリスク回避の波に乗るのも良いですし、落ち着くのを待ってから再度ドル円の上昇に乗るのも良いでしょう。

まずはリスクを落として大きな動きに備えておき、次の一手を考えていきたいと思います。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ
posted by しー at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする