応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2015年08月05日

利上げ期待↑警戒感も↑

昨日は2つほどもったいないことをしてしまったようです。

1つ目は豪ドル。打診買いでもいいからポジションを持っておけば100pips抜きくらいできたはずなのに。結果論ですが少しの手間を掛けなかったせいでもったいないことをしました。

もう1つはユーロドル。昨夜のNYタイム序盤は1.09台中盤から後半でうろうろしていましたが、もう少し戻りを待とうとエントリせずに待ってました。朝になったら1.08台まで下落してるし。

ロックハート総裁のインタビュー記事により、9月利上げが濃厚となったことでドル買いへ。というのがユーロドル下落の要因。

この下落により残っていたユーロドルのポジションは無事利確はできたのですが、もっと利益を出すことはできたはず。

いずれこうなる日が来ることを想定していただけに悔しい結果となりました。もっと貪欲に細かく売り上がっても良かった状況だったということですね。


しかしこうなると逆に今週の米雇用統計はドル売りを警戒したほうがよいかも知れません。

9月利上げを織り込み始めてドル買いとなったときに、雇用指標が悪い結果となればまた利上げが遠のく考えがでてくるでしょう。

事前にドル買いセンチメントになってしまったのであれば、あとは9月利上げが確実かどうかでさらにドルが買われるかどうかが決まるということ。

米雇用統計の結果が良ければ、素直にドル買いで反応だとは思いますが、微妙な結果であれば一旦ドル売りになることも考慮しておいたほうがよいかも知れません。

まずは本日のADP雇用統計で感触をつかんでおきたいと思いますが、戦略としてはユーロドルの戻り売りは継続としておきます。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする