応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2015年08月31日

どれだけ先の未来が見えるか?

今日は夏休みの最終日。我が家では宿題ができているか確認していたら、まだやっていなかった宿題があることが発覚し、ばたばたしていました。

何事においてもそうですが、計画を立てるにはまず全体の範囲を明確にすることが大切です。ここがおかしいとすべてが狂ってしまいます。

夏休みの宿題は範囲が固定されていますが、ソフトウェアのプロジェクトは範囲がブクブク膨らんでいき、計画そのものが破綻するという状況になりがちですが、とりあえず目の前の計画を達成することを目指して、日々邁進中です。


さて、為替のほうは先週のチャイナショックのことを忘れかけていましたが、本日の配信を見て「やっぱり西原さん凄いわ」と思った次第。内容は伏せますが、こういう考えや対処ができるから勝ち続けることができるのでしょうね。
西原さんのメルマガ

先週月曜日の暴落後、残りの4日は戻しの期間でした。今日は前場から日経平均は下落しており、リスク回避が再びやってくるのかどうなのか?が気になるところ。

今週はECBと米雇用統計があるので、どちらも注目していますが、まずは今週の流れを確認しておきたいですね。月曜日が下落ということは、先週と同じように火曜日以降戻してくるのか、それとも下落幅がたいしたことないので狭いレンジ的な動きになるのか・・・。

やはり方向感は見えそうにないので、流れを確認するといってもスイング的なスパンではなく、リアルタイムトレードをするための短期間の流れだけを見極めることに注力したほうがよいかも。

東京タイム、欧州タイム、NYタイムと、それぞれの株価と為替の値動きを見て、トレードが可能になるNYタイムは上か下かを考えたいと思います。

やはり私は凡人。西原さんみたいに未来を予測するための情報や経験が足りなすぎます。凡人は数分、または数十分程度の未来が見えればとりあえず十分です。いや、実際には見えてなくて予測するだけですけどね。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

方向感

私は普段の業務で、メールはもちろん各種資料やたまにはプログラムなど、毎日数千文字を打っています。

なので日本語の変換やキーボードのタイプにはプロとしてこだわりを持っている方なのですが、数日前にキーボード界の最高峰である「東プレ Realforce」を買いました。

これまではFILCOのMajestouchを使っていましたが、打鍵音がパチパチして「仕事してる」感はあるのですが、さすがにこうも毎日パチパチうるさくしていると、周りに迷惑だなと思い始め、次のステージへ進むために買っちゃいました。

たかがキーボードに数万円をかけるのは、IT業界にいない人から見たらアホみたいと思うかもしれませんが、数日使ってみた感想は「めちゃくちゃ良い」です。

一度Realforceを使ってしまうと他のキーボードは使えないですね。もしこれが壊れたとしても、次も同じものを買うでしょう。

もしキーボードを買いたいと思っている方がいたら、一生物として検討してみてはいかがでしょうか?オススメです。




月曜日の急落から火曜日の反発など、まさに乱高下をしている状態ではありますが、短期勝負限定で買ったり売ったりしていてそろそろわけがわからなくなってきました。

「方向感」というものを大事にしてトレードするよう心掛けていますが、今は方向感なんて全く見えません。

株が下がれば為替も下がる。株が上がれば為替も上がる。

株の行方を見ながらついていくだけ。行き過ぎたところで高値掴みをしないように気をつける必要がありますが、もし掴んでしまったら手を離すのも早めにしておかないとボラティリティにやられてしまいます。

大きな下落に対して反発も大きいだろう、という推測のもとスイング的にポジションを保持しておくと反転してマイナスへ、ということもありえます。

昨日の夜に西原さんが出演されていたUStreamを見ていましたが、NYダウの重要レンジ(15,268〜17,000ドル)がポイントとおっしゃっていたので、しばらくはNYダウを見ながらトレードをしていくことにします。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:17| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

ぶったまげた

昨夜はNYタイム序盤でとんでもない相場となりました。

ドル円は120円割れからの急落で116円へ。ポンド円は188円割れからの183円へ。豪ドル円は最大7円以上の下落となり、一時82円台と殺人通貨の仲間入りといった暴落っぷりでした。

80円台に対して7円の動きは9%となり、レバ5倍で45%。レバ10倍なら90%とほぼ狩られるほどの値動きです。

ドル円の急落に飛び乗って100pips以上は獲れましたが、その後の戻しも半端無く、かなり熱いトレードをすることができました。

本日の東京タイムは朝から買い戻し意欲が旺盛でドル円は120円まで反発。何がなんだかわかりませんね。

下げ幅が大きければ戻り幅も大きいのでボラティリティが尋常じゃないですが、常時見ておかないとリスクが大きすぎるので日中は手を出しません。

今日は名古屋に通勤しており、通勤時間が2時間という東京並みの状況のため帰宅も遅くなる予定。帰りに電車内で流れに乗れれば、軽めにエントリしてみようと思います。

とりあえず、中国発の株安からリスク回避となり、その後本邦勢は買い戻してきたという状況を踏まえ、今後のアクションを決めていきたいと思います。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:38| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

新たなステージへ

先週から始まった中国先行き懸念による株安リスク回避は本日も進行しています。

先週の時点で肌感覚でリスク回避を感じられるほどトレードができておらず、楽観的に見ていたのですが、今週も継続となるといよいよ調整局面が深くなりそうと思えてきます。

ユーロドルのユーロ売りは様子見に変更し、ドル円の買いもタイミングを測ってから勝負したいと思っていますが、時間帯によってめまぐるしく展開が変わるような相場は勘弁していただきたいところ。

そうなる可能性を考慮し、日中はポジションをとることができませんが、NYタイムだけで都合の良い展開になってくれるかは微妙。このような地合いでは、東京タイム、欧州タイムの流れを引き継いで、NYタイムでも同方向でのエントリが確実でしょうか。

ドル円は120円中盤の200日移動平均線が一つのポイントとなりそうなので、まずはその水準でどうなるかを見ておきたいです。

ユーロドルは1.14中盤の高値ラインを突破し、お昼の時点で1.1499とオプションに絡んだ動きとなっているようです。

先週までの戦略が間違っていたのは認めて、損切りした分を取り戻すのではなく、新たなステージで新たなポジションで勝負を継続していきたいと思います。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

戦略練り直し

今日は名古屋に出張でした。
以前は福岡出張が多くありましたが、これからは週2くらいで名古屋にいくことになりそうです。

さて、為替のほうは連日の飲み会のため手を出せておらず、結果的に余計なポジションをもたずに助かっている状態です。

今夜も飲み会が入りそうでしたが、さすがに3連チャンはきついので辞退しました。
自宅に戻ってからじっくり戦略を練り直したいと思います。

どこかでユーロを売りたいのは変わりませんが、タイミングの問題なので、もしかすると今日はチャンスがないかも?

まずは長めの足でチャートを確認してから判断したいと思います。
posted by しー at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

チャンス到来

昨夜は恒例となってきた打ち合わせ後のお疲れさん会の飲みで帰宅は24時過ぎ。さすがにそこからトレードする気も起きずそのまま就寝しました。

今朝起きて、レートを見て「おっ!」とびっくりしていたのですが、FOMC議事録の発表があったのですね。

9月利上げが遠のいたとのことでドル売りとなっていますが、ユーロドルが1.11台に戻ってきたのでショートエントリしました。

ドル円も123円台に下落しています。こちらはまだ手を出してはいませんが、余裕があれば打診買いしていきたいところ。なんなら買い下がってもいいと思ってます。

以前の9月利上げ確率は50%強だったと思いますが、今回の議事録を受けて50%以下に下がったのだと推測します。しかし年内利上げは以前として確実視されていると思いますので、今回の値動きは良い買い場(ユーロドルは売り場)を提供してくれているのではないでしょうか。

もう少々ドル売りが進んだとしても、いずれはドル高ユーロ安に回帰すると信じて、真っ向勝負していこうと思います。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

この動きは!?

昨夜は真面目にトレードをするつもりでしたが、終わってみれば21時30分の米指標後にドル円が垂れてきたところで買い回転させた1度のみのトレードだけでした。

ユーロドルはNYタイム序盤まではそれなりに動いていたのですが、方向性の見極めようとしてエントリはせず。

その後は値動きの乏しい展開となっており、どうにも手が出せない状態です。

昨夜のメルマガではユーロドルの今後について言及があり、この情報を元にトレードしていこうと思っています。ということでユーロドルの様子見はもう終了かな。

ドル円は124円前半が堅いのですが、こちらも値動きがあまりないため10pips獲れれば良しというスタンスで買い回転させていきます。

ユーロドルは1.11台の戻しがあれば勝負したいですね。とりあえずもうちょっと動いてちょうだいな。こんな動きはことわざ通りトレードできませんがな。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

休暇明けの状況と今後

昨日は夏季休暇の連休最終日。帰省していた実家から我が家に戻りまったりしていました。

今回の休暇はお出かけはほどほどにして、ほとんどは引き篭もり生活をしているようなものでしたが、その状態での休日最終日の心境がまぁ大変だったこと。「働きたくないでござる!」のテンプレが頭に浮かびまくってました。今日から社畜ライフの再開です(どよーん)

さて引き篭もっていたわりには為替のほうはあまり真剣には見ておらず、人民元ショックによりユーロが想定以上に買い戻されてるねぇ、という印象でした。

今日からは仕事と同様、為替ライフも復活して、バリバリトレードしていきたいと思います。

が、午前中の値動きとしてはやる気に欠ける値幅に留まっており、勝負は夜からといったところ。

といってもここ数日は超短期トレード向けでしかポジションを持っておらず、デイトレ向けにポジションを持つにはいまいち方向感がわからない状態です。

ユーロドルは1.12まで上昇後100pipsほど下げた位置にいますが、日足チャート的には1.12を上抜けると、1.14〜1.15が次のターゲットとなります。

しかしユーロドルが買い戻されたのは、人民元ショックによるリスク回避要因が強く、引き続きリスク回避のセンチメントが継続するかは微妙。

今週はどちらの方向に行こうとしているのかを見極めるところからスタートです。

1.12を何度もトライするような流れにならなければ、ユーロ売りで勝負していければと考えています。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

人民元切り下げの印象と対策

今週はのんびりと休暇を満喫している中で、突如としてでてきた人民元の切り下げというニュース。ファーストインプレッションでは「ふーん」という程度の印象でしたが、色々な情報を見たり値動きを見て、ようやく事の大きさに気づいてきました。

人民元の切り下げを行うと、通常であれば人民元安、ドル高となるはずですが、ここ数日は大きくドルが売られました。

ドルの前にまず反応したのは株式市場。中国がいきなり今回のようなことを行う背景には、昨今の中国経済に対する対策が功を奏さず、やばい状況であることの現れだと考え株価が下落しました。

これはいわゆるリスク回避行動であり、株式市場だけでなく為替市場にもリスク回避の動きがでたといえます。

米国の利上げを期待してドル買いポジションを持つ人が多くなっている中で、リスクを落とそうとすると、ドル買いポジションの巻き戻し(=ドル売り)のほうが強くでたことでユーロドルなどは上昇しているのだと思います。

また、今回の中国の行動により米国の利上げ時期が9月から後ろ倒しされる可能性があるということも事態が大きい1つの要因にあげられます。

人民元切り下げにより中国は輸出は強くなりますが輸入にはコストがかかることになり、自国内でまかなう方がお得(=商品が安くないと買われない)との流れで、コモディティが下落しています。

中国に輸出している国にとっては一大事であり、大袈裟に言えば世界的な景気減速、デフレ懸念を巻き起こす可能性もあるとのことで、これを考慮したFRBは利上げを遅らせるかもしれないという論理のようです。

その昔、2005年7月には人民元の切り上げが行われ、当時は円高となった記憶があります。今回は切り下げなので円安になるかと思いきや、実際にはドル円は円高の反応となっています。

為替市場には数学のように「AならばB」といった決まった法則はなく、その時々の参加者のポジション、センチメント、株価や実効レートなどなど、様々な要因が複雑に絡み合った結果が値動きへと反映されます。

今回の人民元の切り下げは、まだまだ続く可能性もあり目が離せませんが、我々個人投資家の対策として、短期でリスク回避の波に乗るのも良いですし、落ち着くのを待ってから再度ドル円の上昇に乗るのも良いでしょう。

まずはリスクを落として大きな動きに備えておき、次の一手を考えていきたいと思います。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ
posted by しー at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

Win10にアップグレードしたときのトレード環境への影響

自宅のノートPCをようやくWindows10にアップグレードし、使い慣れないUIに四苦八苦しています。とりあえずまだ1時間弱しか使っていませんが、気になった点は以下の通り。

・MetaTrader4が初期設定に戻る(ログイン情報の再入力、チャートの配置やテンプレートの再設定が必要)
・日本語入力が勝手にIMEになる(Google日本語入力を再設定する必要がある)
・Edge(新しいブラウザ)が使いにくい

トレード環境にはさほど大きな影響もなくアップグレードすることができました。

利用している口座によっては、取引ツールがWin10に対応していない場合があるかもしれませんので、まずはHPで対応状況を確認した上でアップグレードしたほうがよいでしょうね。

他にも使っているうちに気になる点はでてくるでしょうが、ぼちぼち慣れていきたいと思います。

(追記)他にも影響が・・・
・このブログのリアルタイムチャートが表示されなくなっている(FireFoxにて確認)


さて、為替のほうは全般的に小動きとなっていますが、先週の米雇用統計後に指値がヒットしたユーロドルのショートがゆる〜く含み益になっており、もっと育ってほしいと願っています。

ポンド円のロングに手を出しているためドル円には手を出していませんが、124円台の前半は買ってもよいと思えるところ。

今週はお盆休みウィークなので東京タイムでの大きな値動きは期待していませんが、10〜20pips程度の回転なら少々時間をかければ難なくいけるのではないでしょうか。

とりあえずPCの設定をいじりつつ、ゆるゆるトレードで午後を過ごしていきたいと思います。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

ドル買いで勝負!

自分へのちょっとした戒めとして、昨夜の飲み会は「二次会には行かない」と強い気持ちで臨み、誘惑に負けずに帰宅。あまり酔ってはいなかったものの、トレードはせずにさっさと寝ました。

MPCは期待が高すぎたためか、利上げ票を入れた人が少なかったことで反落。今後のポンドの利上げ時期は引き続き意見が割れそうです。

本日は米雇用統計。今日もちょっと早めに帰って発表される時間には着席しておきたいですね。

事前予想はあまりあてになりませんが、ドル買い方向のポジションを持った状態で指標を待ちたいと思っています。

根拠はこれといってありませんけどね。先月分の失業保険と、ISMの結果から見て良い結果が出そう、というくらいです。ADP雇用統計は根拠から除外しているので、ご都合主義とも言えますが(笑)

来週はお盆休み。1週間丸っと休みになるように調整しました。といってもあちこち出掛けるわけではありませんが、ぼちぼちトレードもしつつ、リフレッシュ休暇を満喫したいと思います。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:29| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

ドル買い意欲の高まり

昨日は遅くまで打ち合わせしており、その後はいつもの流れで軽い飲み会へ。肉バルのお店に行ってきました。それにしても最近「バル」と名のつくお店が多いですね。バルとは「Bar」のことだそうですが、なんでもかんでもバルとつけりゃーいいもんでもないでしょうに。

さてそんな調子だったのでトレードはしないつもりでしたが、ドル円は125円にタッチしてさらに高みへと登りかけているのを見て、ロングでついていこうとしたのをぐっと我慢してました。

ユーロドルは1.09台に戻したもののすぐに下落。ADP雇用統計が弱かったですが、ドル買い意欲は高いようです。

今夜も飲み会があるのでトレードできない予定。最近飲み会が多くていつもの3倍のお金が飲み会に消えていきます。

その分3倍利益が出てくれればいいのですが、トレードしていなければ利益がでるわけもなく・・・。

うー、今日もバルっちゃうぞ(意味不明)

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

利上げ期待↑警戒感も↑

昨日は2つほどもったいないことをしてしまったようです。

1つ目は豪ドル。打診買いでもいいからポジションを持っておけば100pips抜きくらいできたはずなのに。結果論ですが少しの手間を掛けなかったせいでもったいないことをしました。

もう1つはユーロドル。昨夜のNYタイム序盤は1.09台中盤から後半でうろうろしていましたが、もう少し戻りを待とうとエントリせずに待ってました。朝になったら1.08台まで下落してるし。

ロックハート総裁のインタビュー記事により、9月利上げが濃厚となったことでドル買いへ。というのがユーロドル下落の要因。

この下落により残っていたユーロドルのポジションは無事利確はできたのですが、もっと利益を出すことはできたはず。

いずれこうなる日が来ることを想定していただけに悔しい結果となりました。もっと貪欲に細かく売り上がっても良かった状況だったということですね。


しかしこうなると逆に今週の米雇用統計はドル売りを警戒したほうがよいかも知れません。

9月利上げを織り込み始めてドル買いとなったときに、雇用指標が悪い結果となればまた利上げが遠のく考えがでてくるでしょう。

事前にドル買いセンチメントになってしまったのであれば、あとは9月利上げが確実かどうかでさらにドルが買われるかどうかが決まるということ。

米雇用統計の結果が良ければ、素直にドル買いで反応だとは思いますが、微妙な結果であれば一旦ドル売りになることも考慮しておいたほうがよいかも知れません。

まずは本日のADP雇用統計で感触をつかんでおきたいと思いますが、戦略としてはユーロドルの戻り売りは継続としておきます。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

戻り待ち

昨日は丸1日名古屋に行ってました。都会は一段と暑く感じますね(田舎もん)。お昼に食べた冷やしうどんが美味しかったのが収穫です。次回も同じ場所で食べよう。

8月に入り夏真っ盛り。参加者が減り、為替相場は大して動かなくなってきました。

先週から週越えでユーロドルのショートポジションを持っていましたが、昨日の朝の時点で縮小。

再度戻りを待っている状態ですが、全然動かなくて面白くない展開と感じています。

本日は午前中に豪小売売上高の指標がやや良い数字ででましたが豪ドル買いにはつながっていません。

午後に発表のあるRBA政策金利と、年内の利下げの必要性を探る状況といったところでしょうか。

オージーの打診買いをしたい気持ちをぐっとこらえて、ユーロドルのチャンスを待ちたいと思います。

ドル円の124円台はスルーで。123円前半になったら考えます。

本日もポチッとしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログへ

posted by しー at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする