応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2014年05月09日

今後の戦略

昨夜はユーロを中心にトレードしていました。

まずはECB政策金利の発表前に頭打ちしてから少々垂れてきたユーロドルをショートし、21時45分前には決済。ドラギ総裁の記者会見が始まってからはいきなり上昇となりましたが、そこは様子見。1.3980付近から超短期でショートを2発。3発目は一気に下落に転じたものの早すぎる利食いで終了。というトレード内容でした。

「次回の理事会で追加緩和を実施することに抵抗はない」
などの発言で一気にユーロ安へと傾きましたが、個人的には「ようやくきたか」という印象です。結果的には1.39後半でのショートポジションを長く持っていれば、今頃「うっはー♪」な状態になっていたわけですが、短期で決済してしまったものはしょうがありません。ここからはユーロドルの戻り売りでがんがん攻めていきたいと思います。

本日は午前中に中国のCPIと豪金融政策の発表がありました。中国CPIは予想以下となり、金融政策では当分低金利が続くとの内容でオージーにとってはネガティブ。かと思いましたが豪ドル円はそれほど影響を受けているわけでもなく小動きとなっています。あれれ?豪ドルはまた別の影響により動くのかも?まだまだ手は出しにくい感じです。

6月の追加緩和が濃厚となりユーロが売られ、米金利が下がってドル円が下がり、さて何を買おうかね?という状況ですが、とりあえずドル円は101円20銭付近の強力なサポートライン付近では買い目線。それ以外ではやはりユーロを絡めた売り勝負のほうがしやすそうです。

よって戦略としてはドル円は下がれば買い、ユーロ円は様子見、ユーロドルは現状からの打診売りと戻り売り、という感じでしばらく見ていきたいと思います。

ポチっとよろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする