応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2013年05月15日

弱い円は国益

二昔前は「強いドルは国益だ!」という声を米国関係者からよく聞きました。
一昔前はリーマンショックなどから立ち直るためにドル安政策をとっていました。
そしては今は「弱い円は(日本にとって)国益だ!」と言わんばかりに株高が進行。
日経平均は15,000円の大台に到達しました。

仕掛けを打ったのは黒田日銀総裁。
国債の7割を買い占めることで、債権へ回るはずの資金が株へシフトし、
株高を実現させ、景気を良くしたと思わせ、お金を使わせる。

でもこれって株を持っている人にとってはいいことですが、
株を持っていない人は直接的には良い影響は受けていないんですよね。

私はCFD口座はもっているものの今は休眠中ですが、
もっと早く手をつけておけばよかったと後悔しているところ。
15,000に乗っけてから手を出すのも嫌なので、
夏相場で一服してから年末にかけての上昇相場でおこぼれにあずかろうと思案中です。

為替のほうはユーロドルが1.30台から1.29台に反落してくれたことで
個人的にはウマーな展開です。クロス円のショートにも手を出していたので、
昨夜の急上昇にはびびってしまいましたが、あれはなんだったんでしょうね。

三本の矢の第2弾に関するニュースに反応?
17日(金)に発表のようなので金曜日は円安デーとなるかも。
それまでにクロス円ショートは逃げておかなければ。

しかしポンド円も売りたい気持ちが沸いてきており
短期的にショート目線になりつつあります。

金曜日まではショートは慎重に手を出すようにします。

応援クリック、よろしくお願いします!

にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:22| Comment(1) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする