応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2012年09月04日

NY休場時のトレードの仕方

昨日はNY市場が休場でほとんど動きがない中で、24時頃のユーロの上昇にうまく乗れてワンチャンスをものにできました。

結果だけを書くと、ロングしてたら上昇したので利食いした。ということになりますが、このトレードを行った背景にはいくつかの要素があります。

昨夜は以下の2点を念頭に置いていました。

1.NY市場が休場のため一方的に大きく動くことはないだろう
2.ユーロはECBに向けて底堅いだろう

1は誰に聞いてもそう答えるような模範的な推測ですよね。休場のときはチョッピーな動きになるか、だらだらとレンジ相場にとどまるかのどちらかですが、昨日は後者と判断。

2のついては週間予想で書いていた通り今週の戦略に沿ったものです。

上記を元にユーロ円の狭いレンジの中で底値付近でロングエントリ。しばらくポジションホールド時間があり、このまま明日に持ち越しもありかと思っていたところ、24時頃に急上昇してくれたのでてっぺん付近で利食いした、という流れになります。

利食いポイントについても1の頭があるため50pipsなど大きく狙うことはせずに、10pipsとれれば御の字の気持ちでいました。含み益が目標の10pipsを越えてからは、いつでも利食いできるようにスタンバイ。あとはチャートがこれ以上上がらないと思った瞬間が利食いのタイミングです。

往々にしてこれ以上上がらないと思ってもまだ上昇するものですが、どの瞬間にそう思うかは「これ!」という明確なルールはありません。自分がそう思ったときがそのタイミングです。もっと粘っておけばよかったとは思わないこと。目標の10pipsを越えているわけですし、短いトレードをしているのでその点は割り切る。

と、能書きを並べると上記のようになりますが、まぁほとんど感覚です。単にラッキーパンチだったねということなのかも知れませんしね。


さて、本日はRBA政策金利の発表がもう間近です。レベル的には80円台トライに失敗してプチ反発か?と考えたくなるところですが、まだ↓だと思っているので打診買いもせずにスルーするつもりです。

明日以降も豪ドル関連の指標はありますし、もし今日のイベントで反発しても83円まで戻すことはないでしょう。慌てず行方を見守りたいと思います。

応援クリックよろしくお願いします〜♪

にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする