応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2012年08月15日

ポンドぉ

昨日はユーロ圏のGDPの発表がありましたがあまり良い結果とは言えませんでした。唯一ドイツは予想+0.2%だったところが結果+0.3%と若干良い結果となりました。

その他ではフィンランドが大幅なマイナス成長となり、これはユーロにとってはネガティブかと思われましたが、欧州序盤はユーロドルは堅調に推移。この不思議な状態をみていつ売ろうかとタイミングを伺っていたのですが、1.2380付近でショートエントリした後、NYタイムにかけて下落してくれたので、ナイスエントリのこのポジションだけで十分満足♪

売り叩こうと考えていたポンド円などのクロス円ですが、NYタイムから米指標が予想以上に好調だったためドル円がぐいぐいと上昇。連れ高となってクロス円もじわじわ上昇してきて売るに売れない状況でした。

ポンド円の日足チャートです。

20120815GBPJPY.gif

123円85銭付近のレジスタンスライン(黄色の横線)で頭打ちとなり、上ひげの陽線となりました。ファンダメンタル的にはポンドは売りと見ていますが、テクニカルを見てみるとディナポリ的には日足の3つのラインより上にきてしまったので上目線に変更したほうがよいかも。

レジスタンスラインをバックに逆張りするというのも手だったのですが、上記の考えが頭に広がってしまったのとドル円の急上昇を見たら売れませんでした。結果的には正解だったといえそうですけどね。

本日はMPC議事録と英失業率の発表が17時30分からあります。MPC議事録について、大手金融機関は年内利下げ予想だったのがインフレレポートでは来年初頭に利下げ時期が延びたともとれる内容となっており、金利の行方について焦点が集まりそう。年内利下げ説が再び有力になるとポンドは売られるかもしれません。

ということで上目線、下目線入り乱れてのよくわからない状態なので、イベントまでは様子見で。東京タイムは全くやる気が感じられませんしね。

応援クリックよろしくお願いします〜♪

にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。