応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2012年08月02日

7月の振り返りとメインイベント

7月の結果を振り返ると、ユーロ円の下落で大きくとれず、むしろ買い目線でいたため損切り。ユーロが下げ止まってからは戻り売り目線でしたが、全力売り→ちょびっと反発で損切り。ユーロ円は散々でした。

それを補ってくれたのがポンド円。結構細かく買いや売りで回転させていた印象ですが、終わってみればトータルではなんとか月間プラスで凌ぐことができました。

含み損ポジが残っていたり、フラストレーションのたまる7月でしたが、8月はどかっと下げるところをごっそりゲットしたいですね。


さて、昨日はADP、ISMと米指標がありましたがFOMCを控えてたいして動かず、夜はノートレード。

注目されたFOMCですが、結果としては何もなくドル買いへ傾斜。ユーロドル、ポンドドルなどは下落。IMFからの「日銀はデフレ克服のためにさらなる金融緩和を実施すべき」という援護射撃もあり、ドル円は78円中盤まで上昇してきました。

本日は今週のメインイベント、ECBがあります。ドラギさんは「何も手を打たない選択肢はない」と、何らかの対策がでてくるのは必至。ただドイツとのやりとりの中で妥協的な対策で終わると、それもまた失望を誘うような気がします。

期待が高いだけに、これまで言われてきた内容と同じ物しかでてこないと、リスクオフが再び進行することになるかもしれません。

個人的には懐疑的なので、ユーロを筆頭に戻り売り目線で見ておこうと思います。

ただドル円についてはもうちょっとあがってほしい。(ポジショントークw)78円後半のLポジ救出まであと少し。でもきっと今夜は下げるんだろうなぁ。

応援クリックよろしくお願いします〜♪

にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。