応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2012年06月28日

「勝ち」と「負け」の定義

昨日はNYタイムは狭いレンジ内での動きにとどまり、
「トレードしにくい」印象がありました。

今週はずっと同じような印象がしていますが、
その中でも一昨日の負け分を帳消しにする利益が出せたのはナイス♪

最後に余計なことをして少々取りこぼしてしまいましたが(反省・・・)
全体的にはよしとしておきましょう。

トレードには「勝ち」と「負け」があります。

しかし、何をもって「勝ち」とするか、何をもって「負け」とするかは
実は人それぞれ異なるのではないでしょうか?

単純にプラス決済なら「勝ち」、マイナス決済なら「負け」と定義する人もいるでしょう。

でも「ここでエントリしよう」と思ったが「ちゃんとサインがでてないから見送り」
と思い直し、その後もしエントリしていたら含み損になっていた
という状況でも「勝ち」という人もいるかも知れません。

「サインがでたからエントリしよう」「いや、でもなんか怖い」
と見送ってしまい、その後エントリしていたら含み益になっていた
という状況は「負け」と考えるのも妥当なのかも知れません。

「エントリ」→「思惑と違って損切り」
これでも大きな損はしなかったという意味ではある意味「勝ち」なのかも知れません。

ご都合主義というわけではありませんが、
自分なりの「勝ち」の定義を広げて毎日勝ち続けていけば、
自然と資金も増えていることになると思います。

「利益」は結果。
「勝つこと」を目的とする。

そうすればトレードの幅が増えていくかも知れません。

あれ?ここまで書いてどこかで似た話を聞いたような・・・。

応援クリックよろしくお願いします〜♪

にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする