応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2011年08月18日

渦巻くユーロ

仕事を終わらせ家に帰ると、夜ご飯はカレーでした。

一口食べると「うまい!」とばくばく食べてました。

「このカレー、娘もたくさん食べたんだよー」
と嬉しそうに語る嫁。

「おいしいもんね。当然だなー」
と食べながら、横で娘2がおままごとセットを取り出し、
ケーキやコーヒーを並べてくれて
「パパ、はいどうわ」(娘2は「どうぞ」のことを「どうわ」と言います♪)

これを幸せと呼ばずになんと呼ぶ。
もー、疲れもふっとびますね。

今日の幸せ、ゲット!の瞬間でした♪


ドル円が最安値付近でうろうろしていますが、介入はあるのか?
また76円前半のオーダーも参考にしてトレードできるかも?詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (11位 まり日和)




さて為替のほうは、昨夜はユーロスイスがまたも大暴れ。

夕方のSNB金融政策が終わったあとは、
「スイスフランは依然として過大評価されている」
といったスイスフラン高に対する懸念を表明しました。

しかし噂されていたユーロとのペッグ制については触れられず、
ユロスイは一気に300pipsも反落。

その後はSNBが介入している?との噂もあり、
NYタイムにかけて再び300pipsほど反発して元の状態に逆戻り。

いやー、昨日のユロスイは撤退しておいて正解でした。
日中は指値で勝負せざるを得ない状態ですが、
あんな激しい動きをされたら一瞬で刈られておしまいでした。

今夜は米CPIやほんの少し改善しかけている失業保険申請件数、
住宅関連指標などの米指標の発表があります。

独仏首脳会談でも特に大きな成果のなかったユーロですが、
対ドルでは1.41〜1.45のレンジにおさまっており、
昨日は1.45台に乗せかけましたが反落してブレイク失敗。

米指標が良い → ユロドル下落
スイスフラン高抑制 → ユロスイ上昇

ということでユーロは売られたり買われたりの微妙な展開が続きそうです。

逆に米指標が悪いとなれば、ユーロが買われる展開となりそうですので、
指標結果を見ながらユーロの行方を追っていきたいと思います。

応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:26| Comment(4) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。