応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2011年02月17日

色々な材料がごちゃまぜになってきました

またも不健康の風が我が家にやってきてしまいました。

下の娘は結膜炎&39度の熱。
上の娘はまだ大丈夫ですが咳が出始めている状態。
嫁は娘達のせいで寝不足&お疲れ気味。
私も先日の出張で喉がやられて風邪をひく一歩手前。

しかし今寝込むわけにはいかないのでここは気合いで乗り切ります。


昨日の下落は絶好の押し目を作ったことになるのか?
今日以降のポンド円の水準と戦略はこちらが参考になります!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (33位 最下流サラリーマン・・・)




昨日の欧州タイムはポンド円が頭打ち。
先日の英利上げ期待に水を差した形となり、ポンドは下落してきました。

NYタイムの米指標は好調で、EUR/USDは1.3500を割って下落モードか?
と思われましたが、朝方のFOMC議事録では逆にドル売りへとつながる内容となり、
行ったり来たりの相場状況となっています。

また中東でのデモ拡大や、スエズ運河の軍艦通過リスクなど、
地政学的リスクもでてきているようですので、ますます混迷を極めています。

一方的な動きになりにくい中で難しい相場が続いていますが、
下手に大きく狙わずにさくさく利食いしていくしかなさそうですね。

今夜は米CPIと失業保険申請件数、フィリーに注目しておきます。

FOMC議事録では米経済指標の改善が続けばQE2の縮小も検討すべき
という内容もありましたが、あまりこの点について反応がないことから、
市場は「そんなまさか〜」といった反応といったところでしょうか。

雇用の回復が遅れているとの認識からドル売りへ
という流れもいまいちピンとこず、悪材料だけに無理矢理焦点をあてている感が
なきにしもあらずです。

今夜の米指標でも好結果がでてくるようであれば、
EUR/USDの戻り売りの恰好の売り場を作ってくれたようなものなので、
今夜はユーロ売り目線で見ていきたいと思います。

応援クリックよろしくお願いします!。
にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。