応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2011年02月04日

すべては自分のせい

昨日は終電ギリギリまで飲んでいました。
帰ってなんだかんだしてから落ち着いたのが2時。

ユーロの投げ売り相場には全く乗れませんでした。残念!


ユーロ売りの一方でポンドは堅調。今後の展開はダブルボトムを確認した後の買いでいけるか?詳細はこちら!
 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (52位 侍おやじの・・・)




トリシェ総裁は「金利は引き続き適切」などと発言し、
早期利上げ期待が後退。

ユーロの買い方にとっては失望させられる内容となり、
ユーロは急落してきました。

後から見てみると「ほれ見たことか」というのが第1印象。

しかし昨日の夕方にはショートポジションを閉じてしまっていて、
ユーロショートのポジションをキープできなかったのは自分のせい。

大きく勝つには昨日のような相場で波に乗り続ける気合いと根性が必要です。

また今朝は豪四半期金融レポートがでました。

直近のGDP見通しを引き下げたものの
今後については上方修正してきており豪ドル円は上昇。
83円台を回復しています。

先週は81円台だったのがうそのようですね。
こちらもロングポジションをキープできなかったのは自分のせい。

豪ドルについては洪水被害というネガティブな足かせがなくなったので、
今後は引き続き強い地合いが継続とみて押し目買いを進めていきます。


そして今夜の米雇用統計ですが、
バーナンキ議長が雇用統計が近く改善する見通しを示したこともあり、
今回もかなり期待感が高まりそうです。

ユーロの金利先高感がなくなり、
米雇用の改善の兆しが見えれば
当然ながらEUR/USDは下落。

またドル円もしぶとく81円台に残っていますが
82円、83円への上昇への期待が持てます。

今夜はEUR/USDのショートをベースに、
クロス円買いで望みたいたいと思います。

応援クリックよろしくお願いします!。
にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:26| Comment(6) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする