応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2011年01月28日

日本国債格下げも円売り継続ならず

Google Analyticsを色々と見ていたら、
弊ブログにPlayStation3からのアクセスがあるのを見つけました。

PS3からもお越しいただいてるなんてちょっとびっくり!

あと約7割の方がリピーターとしてお越しいただいているようなのです。
いつもありがとうございます!!


昨日のS&Pに相次ぎ、他の挌付期間でも便乗するようで。
中期的に見てドル円がどこまでいきそうなのか、参考値として確認しておきましょう!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (9位 まり日和)




昨日はS&Pが日本の長期国債格付けをAAからAA-に格下げしたことにより、
欧州序盤は円売り祭りとなりました。

今後は円に対してはネガティブに働いてくるでしょうから、
円売りしやすい地合いができ、円安に傾きやすい状況になったのでは?

と思いきや、S&Pは「ネガティブ」ではなく「安定的」の姿勢を崩していないので、
円はまだ安全資産という位置づけなのかも知れません。(全くそうは思えませんが)

今朝の時点でクロス円(特に豪ドル円)は昨日の円売り祭り前の水準まで下落してきています。

どこかで読んだのですが、今の日本の借金地獄と財政のままでは、
ハイパーインフレに陥るかどうか、が焦点ではなく、
いつ起こるのか、が焦点だということが書かれていました。

格下げというわかりやすい下げ評価がでてくると、
悲観的にハイパーインフレが〜、デフォルトが〜、という話になりやすいですが、
数年後には社会保障費がもっと膨らむことはわかりきっていることなので、
いい加減諦めて増税しましょに。

消費税アップだ、減税打ち切りだ、
という主張をことごとく排除してきた日本国民ですが、
目先の出費をいやがりいつまでも先延ばししているようでは、
まさに現実のものになってしまうと思います。

こういったことに気付いている人は気付いている。
ですが大半の人は知らずに「増税は嫌」と突っぱねているだけのような気がします。

政府はちゃんと説明して、責任をもってなんとかして下さい。
無駄遣いなどはもっての他。

税金を預けたくない地合いにしてしまった一因はお上にもあるんですから。

そうそう、思い出した。
とりあえず子ども手当はやめてもらって結構。

子ども手当の財源確保のために増税って、なんじゃそりゃ。
そんなことするくらいなら余計な手間暇かけずにやめてくれればいいのに。

このために増税した場合、数年後は「やっぱり継続無理でした」
と子ども手当だけやめるとかしそうで、そういうのは無しね。

増税するならちゃんとしてくださいよ、ちゃんと。

というわけで、今夜は米GDPに注目しておきましょう。
(どこが「というわけ」なんだ!)

米GDP好結果でのEUR/USDの反落を期待してます♪

応援クリックよろしくお願いします!。
にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011/01/28 今日の狙い目

おはようございます。

昨日はS&Pが日本の長期国債格付けをAA-に格下げし、
欧州タイムに突然円安へと動きました。

EUR/USDは1.3700の壁を越えて1.3750付近まで上昇。
しかし2つ目の壁は越えられずに高値圏でもみ合う展開となっています。

本日はNYタイムの米GDPに注目が集まり、
結果次第ではドル買いへとつながると考えています。

本日もよろしくお願いします。


ドル円格下げが発表されてからジャンプアップし83円台まで上昇。
しかしそこから後が続かず再び82円台へ。結局82円から83円のレンジで収まりそうです。
今夜の米GDPで83円中盤以降をこなすことができるかみておきます。
  
ポンド円同じく円売りの波に乗り132円台まで上昇。
英GDP発表前の水準までもどして来ました。
ロングポジションは一旦利食いしておき次の押し目を待つことにしましょう。131円前半から130円80銭付近が狙い目か。
  
豪ドル円4時間足での下落トレンドラインを一時的に抜けてきたものの、まだ完全には抜けきらずに82円前後で揉み合い中。
引き続き81円80銭〜50銭での指値が機能しそうです。83円を目指した上昇は期待せずに短期で回転させていくことに集中しましょう。


応援クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ 投資ブログランキング
posted by しー at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の狙い目 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする