応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年10月13日

ドルインデックス反転のサインでしたが・・・

EUR/USDが1.4000で頭打ちした後、1.38前半まで調整されましたが、
今後は一体どこまで下落するのでしょうか?

ドルの総合指数であるドルインデックスから
EUR/USDの下落目処を想像してみたいと思います。

(ドルインデックス 日足) (EUR/USD 日足)
20101012USDIndex.gif 20101012EURUSD.gif

ドルインデックスの日足は、ADXが80オーバーまで上昇するという
強いトレンドがでていました。

日足で80オーバーというのはなかなか見ることができませんが、
そのADXがぽっきりしてきたのでトレンドの終焉を示唆しています。
(ストキャスはまだ明確ではありませんが上昇傾向になりつつあります)

9月の頭からドルインデックスは下落し始め、
それと逆相関の形でEUR/USDは1.4000まで上昇していきました。

ドルインデックスは80.000がポイントと言われていましたが、
半値戻しての少々手前の水準まで戻したとすると、
EUR/USDは1.3300〜1.3400辺りに到達する計算となります。

急上昇で1400ポイントも上昇してきた調整となると、
それなりの大きさとなりそうですので、
ドルにとってネガティブな要素がでてこなければ
がつんと調整してくれる流れに乗りたいと思います。


ポンド円売りで4万円強の利益。
ポンドを売った根拠9つとエントリとクローズポイントの考え方。勉強になります。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (2位 FX歴9年目・・・)




さてもう一方でそんな大きな下落は来ずに、
高値圏でもみ合うのでは?という見方もあります。
(さらに上昇が続くという見方もありますが・・・)

昨日はウェーバー独連銀総裁がユーロの利上げについて触れ、
FOMC議事録では追加緩和について慎重な姿勢が示されたことで
再びユーロ買い、ドル売りの状態に戻りそうな地合いになりつつあります。

この地合いが継続するということになると、
とりあえずテクニカルは無視した形となり、
ファンダメンタル次第といった感じでしょうか。

そうなると正直手が出しにくくなります。

再び1.4000付近まで上げてきたところで売り叩き、
ダブル、トリプルトップをつけた後で反落
という形になれば全力勝負できそうですね。

今日のEUR/USDはお昼の時点で1.3970まで戻してきています。

欧州タイム以降1.4000トライから跳ね返されるのか、突き抜けるのか。
跳ね返されるようであれば強気にショートしたいですが、
突き抜ける場合はダマシも警戒してロングではついていきたくないので、
逆指値で1.39後半でショート待ちですかね。


エントリのタイミングで勝てる確率の高いパターンを指南。
赤字で書かれている部分はごもっとも。ベストな利食いは永遠のテーマです。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (54位 新脱サラ女の・・・)





<今日のポイント>
ユーロ、オージーなどリスク選好地合いに返り咲き。
EUR/USD1.4000の大台の攻防に注目

ドル円82円35銭まで戻しましたが勢いが続かず再び81円台へ。
引き続き82円台での戻り売りを狙います。
  
ポンド円トレンドライン下限を割り込んで129円付近まで下落が加速。
ドル円の下落に伴いポンド円も弱い状態となっているので、
9/14の安値127円66銭を目指してショートでついていきます。
  
豪ドル円落ちそうで落ちず、80円の大台でなんとかふんばっています。
日足では3本の下ヒゲの足が光っているため、
下支えされやすい状況なのかも知れません。
ですが気長に78円程度までの下落を待ちたいと思います。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
posted by しー at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。