応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年09月22日

再び85円割れてきて動いてくるか?

外為どっとコムがバッドティックなどを連発させて10月1日から業務停止となりますが、
今月中に別業者の口座を作っておかないと
トレードできずにちょっと困ったことになってしまいますね。

こういったときにサブ口座があると安心ですが、
WEBアプリでの操作はもたつくので、
クライアントアプリ系でじゃないとトレードに向かない
と思ってます。

では、どの業者がいいのか?

クライアントアプリ系では次の業者が上げられます。
FOREX.com
クリック証券

この辺りがお奨めです。

FOREX.comは、アピールポイントの狙ったレートを外さない
というのがスキャル派にはかなり受けています。

実際私も使ってみましたが、確かに約定拒否やすべったりすることはありませんでした。

クリック証券のほうはさくさくトレードした人向けです。
WEB画面であっちをポイントしてクリック、こっちをポイントしてクリック
としていた人には劇的な変化をもたらしてくれるでしょう。

業界最大手でも取引停止のリスクがあることを踏まえ、
これを機に新たな選択肢を考えてみるのもよいのではないでしょうか。


きちんとしたリズムで生活している人〜。ハーイノシ
でも利が伸ばせないのはなぜでしょう?(答え:チキンだから)

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (40位 女性の直感FX・・・)




25年前の今日は「プラザ合意」の日。

当時は1日でドル円が235円から約20円下落しました。

今ではドル円は80円台で、200円台というのが信じられませんが、
先日の介入で2円動いた程度はかわいいもんですね。

今の時代に1日で数十円(数1000pips)も動いたら、
個人投資家からは退場者続出でしょうね。

しかし逆に考えればそういう相場になったら大きく利益を出すチャンスと捉え、
そのために何に気をつけていなければならないかと
常に意識しておかなければなりません。


さて昨夜のFOMCでは追加の量的緩和策を用意しているとの声明が出され、
ドル売りへと傾斜してきました。

EUR/USDは8/2高値の1.3333目指して上昇に転じています。
先週の上ヒゲからの下落に転じる雰囲気は消え去りました。

今日はレジスタンスライン付近での攻防に注目です。

昨日はソブリンリスクがあーだこーだいっていたのに、
国債入札が順調にこなされるとユーロが買われ、
さらにFOMCでのドル売りコンボでEUR/USDが上昇していると思われます。

日替わりでコロコロと流れが変わり、
短期で回すしかない最近の相場はやはり難しいですね。

明日の相場ですら読めません。

とりあえず今日はドル円が85円を割ってきたので介入を警戒しつつ、
高値圏のユーロは天井をうつのか、さらにブレイクして上昇するのか、
それぞれの状況にあったトレードをしたいと思います。


ポンド円4時間足はH&Sの形。ネックラインを抜けてどこまでいく?
昨日156pipsの利益を上げた方の見ているポイントはこちらです。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (33位 侍おやじの・・・)





<今日のポイント>
ドル円85円割れで介入がでてくるか?もっと下じゃないと発動しないかも?
EUR/USDのレジスタンスライン上の攻防

ドル円ドル円は85円をほんの少し割り込み84円77銭まで下落してきました。
85円死守に向けて介入がでてくると思っていましたが、
午前中は口先介入だけでした。
ここから下は突発的な動きに注意したいと思います。
  
ポンド円2日続けての陰線で反落気味。
今日はBOE議事録がありますが、ポンド買いへとつながるかは微妙。
戻り売り目線で133円台は売りのタイミングを見つけたいと思います。
  
豪ドル円引き続き底堅く推移しています。
一旦押し目を形成してからの押し目買い狙いで様子見中です。
78円中盤から後半にかけてのトレンドライン付近までは
手を出すのは控えておきます。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
posted by しー at 12:22| Comment(1) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。