応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年07月21日

超簡単!ダウの寄り付きトレード

昨日のことですが、
「今日は早く帰るぞー」と18時過ぎにそわそわしていると、
「ちょっと調査してくれない?」とヘビーな仕事が降ってくる。

マーフィーの法則って怖い。


曖昧さを排除したトレードをわかりやすく解説されてます。
夕日とイルカが綺麗♪

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (44位 FX-Dairy・・・)




昨日はマーフィーのせいでそれなりに遅くまで残業していたため、
ゴールドマン・サックスの決算発表の時間帯にはトレードできませんでしたが、
結果は82%の減益となり米株価にとっては軟調な展開でした。

ダウ先が10,000ドル割れし、
22時30分の寄り付きと同時に現物も急落して、
ドル円、クロス円の下落狙いがうまくいきました。

最近ダウの寄り付きトレードがいい感じです。

条件としては、
・ダウ先物とダウ平均が大きく乖離している(100ドルくらい)

このとき、22時30分の寄り付きでは、
ダウ平均がダウ先物の方向によっていくので、
ドル円やクロス円も同じ方向に走りやすい
という状況になります。

このトレードのいいところは
予め動く方向がわかっていることです。

ダウ先が下落していたらドル円を売ればいいし、
ダウ先が上昇していたらドル円を買う。
(クロス円でもよい場合もある)

数pipsはかなりの高確率で抜けます。

指標トレードは結果を確認するまでのタイムラグがありますが、
これは事前にわかっているので心の準備がゆっくりできることがいいところ。

注意するべき点としては、
ダウ先とダウ平均の乖離が小さいときは、
明確な方向がでなくて動かないことがある、というのと、
欲張りすぎて数十pipsまで引っ張るのはあまりお奨めしない、という点です。

とはいえ当然ながら100%は保証できませんので、
もし試してみる方はまずはデモトレから感覚を掴んでみて下さいね。

(追記)

ダウ先とダウ平均はMT4のデモ口座で見ることができます。

BrocoのサーバーでYM_CONT(ダウ先)、DJIA(ダウ平均)
のチャートを見ればOK。

私はどちらも5分足を見ています。

Brocoのサーバー情報はこちらが参考になります。
http://hikaku.fxtec.info/metatrader/wiki.cgi?page=%C2%D0%B1%FE%B6%C8%BC%D4#p8


今週は難易度が高い相場なんです。
勝てなくても大丈夫。勝ってる人は凄い!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (98位 為替千里眼)





<今日のポイント>
上なのか下なのかわからなくなってきた〜。
ユーロクロスが反落中。ユーロ買いは一旦ストップか?

ドル円昨日は安値更新はせずに87円台を回復してきました。
今日は昨日の陽線の半値落ちのお87円前後からどうでるかに注目です。
ダブルボトムをつけにいくのか、そこまで下落せずに反発上昇するのか・・・。
87円を割れるならショート10pips。底堅そうならロングで10pips。
といった感じで短期で回転させていきたいと思います。
  
ポンド円131円50銭付近まで下落しましたが、
その後右肩上がりで上昇してきました。
日足では微妙に下向きの移動平均線が気になりますが、
今日から金曜日にかけて日足雲が垂れ下がってくるので上値は重そうです。
134円付近からはショート狙いでいきたいところ。
  
豪ドル円注目していたEUR/AUDがかくんと落ち込み、
豪ドル円の買いに安心感がでてきました。
EUR/AUDは1.5500までの上昇もあり?
とも見られていましたが、一旦反落ということで
豪ドル円も買いに回れそうです。
76円台の押し目買いを狙っていきます。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
posted by しー at 12:32| Comment(0) | TrackBack(1) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする