応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年07月01日

難しく考えずに戻り売りすればいいだけ

今日から7月です。

7月と言えば七夕。

同じフロアに電話対応を行うサポート部があるのですが、
そこで飾ってある短冊にこんなのがありました。

「なにもしないでも痩せれますように」

いや、あなた、それは病気ですよ。


そういえば5月の大暴落のときも同じでしたね。
強気な女子大生の考えはこちら!(女子大生というだけでついつい応援したくなっちゃうなぁ)

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (11位 現役女子大生の・・・)




昨日から始まったリスク回避モードは、
なんのことはない、単純に戻り売りを狙っていれば大きく獲れる相場でした。

下手に底堅いかも〜、とロングを狙うからやられるわけで、
やっぱり春からの長い目でみたときの方向は下だったことが再確認されましたね。

豪ドル円も激しく下落していますが、

中国の指標結果が悪い→豪ドル円が売られる

という関連で資源国通貨が売られ、さらに今朝の豪指標でも

 小売売上高:予想 0.3% 結果 0.2%
 住宅建設許可件数:予想 0.0% 結果 -6.6%

と悪い結果が判明。
さらに売り込まれる展開となっています。

ドル円も5/6の下げ止まり水準目前ということもあり、
ショーターには血が騒ぐ展開となって参りました。

今夜の米指標はISMと失業保険があります。

ISMの雇用指数の部分と、失業保険申請件数は
明日の雇用統計の結果に直結する数字ですので、
今日の時点でドル円は安値を割り込み、
明日の雇用統計では下げ止まり後の大反発
という展開になったりすると面白いかも知れません。

いずれにせよ、値頃感のロングはちょっと危険ですので、
底値は無理して狙わずに十分引きつけてからエントリするようにしたいと思います。


さすが、ポンド円は読み通りの展開。
フィボ23.6%の水準に向けて下落中。具体的な数字はこちらのブログにて!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (41位 侍おやじの・・・)





<今日のポイント>
クロス円売りまくり。
対ストレートも売りまくり。

ドル円昨日のドル円は安値圏で揉み合いとなり下げもせず上げもしない展開でした。
ADP雇用統計が予想より悪かったですし明日の雇用統計を控え
積極的にドルを買う地合いではないようです。
87円94円の安値を意識して、引き続き逆指値ショートを狙っていきます。
  
ポンド円133円の下限レンジをブレイクし、下落が加速してきました。
130円のターゲットを目指してのショートと、
これまでのレンジの壁であった133円付近での戻り売りを狙っていきます。
  
豪ドル円こちらもトレンドラインを割り込んでから下落が加速し、
直近安値の73円70銭はあっという間に通り過ぎ、
5/21の71円85銭が視界に入ってきました。
72円台での下げ止まり後の買いは全力で行きたいと思いますが、
明日まで待ったほうがよさそうです。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
posted by しー at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする