応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年05月27日

タイミングを見直す判断基準

昨日は会社の休みをとって幼稚園行事に参加後、
海に入ったので体を洗うぞ〜
ということで午後2時にはお風呂に入り寝る準備万端(はやっw)

その後はまったりと娘達の相手をしてました。
たまにはこういう休日もいいもんです。
(あれ?この前も雨の休日にまったりしていたような・・・)


ドル円は5月20日の水準を割り込まない限り押し目買い推奨とのこと。
うん。私も同様です。ちなみにその水準とは89円のことです。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (36位 共に学び・・・)




夜からは為替モードに復活しましたが、
昼間の動きをあまり見ていないといまいち旬な情報がわかりません。

欧州タイム中盤からトレードできましたが、
戻り売りを狙って損切り5連発を喰らい、かなり意気消沈。
(こういう感情で左右されるのが悪い癖)

その後NYタイムに入ってからようやくショートで利益が出始めましたが、
負け分を取り返すまでには至らずトータルマイナスでした。

昨日はいつもより1時間ほど早い時間からトレードできたのが仇となった形でした。

いつもの時間帯の値動きと違うのに、いつも通りのタイミングでエントリしてしまったのが
負けた原因の一つだと思います。

また上げそうで上げない、下げそうで下げない展開だったところを
無理にエントリしてしまったのも良くない点でした。

最初の1回目の損切りはしょうがないとして、
2回目の損切りで踏みとどまらないといけませんね。

2回連続で損切りした場合は、エントリのタイミングが流れにあっていない
ということなので、様子見に徹するか、タイミングを見直すことを徹底したいと思います。


ポンド円の30分足を見ると綺麗な形がよくわかります。
ネックラインが重要ポイントですのでどの水準か要チェックです!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (27位 侍おやじの・・・)




さて、本日は中国の動きや豪州の動きなどで
上に下にと狭いながらも動いていますが、
レンジを抜けるほどの動きではないため方向感が見えずわかりにくいです。

このままいくと今夜も慎重にエントリしなくてはいけない相場となりそうですが、
全体的には円売り優勢のようですので、押し目買い狙いでいきたいところ。

日経平均株価も戻しつつありますが、ダウは急落から反発して、
10000ドルを回復できるかどうかがポイントのようです。

しばらく揉み合いが続き、来月初旬の各国政策金利や米雇用統計待ちのような気もしますが、
レンジの逆張りとブレイクの順張りをうまく切り替えていきたいと思います。


<今日のポイント>
揉み合い相場継続か?

ドル円89円前半から90円中盤のレンジとなっています。
非常にやりづらいですが、89円中盤から前半にかけて
押し目買いを狙っていきたいと思います。
90円前半から中盤で一旦利食いしてレンジに備え、
中盤以降は逆指値ロングで順張りしておきます。
  
ポンド円130円中盤がレジスタンスのポイントとなっているようです。
ここを越えない限りはショート狙いのほうがよさそうです。
下値目処は126円69銭から127円64銭にかけて引いたトレンドラインの128円中盤。
そこを抜ければさらに売り増してみたいと思います。
  
豪ドル円豪ドル円も煮え切らない展開のようです。
引け値でも75円台に乗せてきましたが、反落して73円台まで下落してきました。
ここを押し目と捉えて再ロングを仕込んでいきたいと思いますが、
最近の豪ドルは弱くて底がスカスカなのでストップは狭くしておきます。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
ラベル:FX
posted by しー at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする