応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年05月19日

EUR/USD 1.2000はそう遠くない未来か?

ギリシャの副大臣 夫が6億円脱税、辞任
という新聞記事がありましたが、どれだけ甘いマルサなんだ?
と思ってしまいました。

医者が年収35,000円なんてあり得ないでしょうに。
こんな状態のまま財政再建だのなんだのいっても、
真の原因を解消しない限り、ギリシャは国としてダメでしょうね。

そしてユーロはそんな国をみんなの税金で助ける、と。
ひどい話だ・・・。


あはは、上の文章を書いたあとブログ巡回してたら、
同じようなことを書いてる人発見!テレビでも同じだったか・・・。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (20位 現役女子大生の・・・)




さて、昨日は欧州タイムからNYタイムにかけて、
クロス円は徐々に下値を切り上げてきてきました。

「お?もしかして反発局面入りか?」
と思わせぶりの動きでしたが、午前2時〜3時には状況が一変。

独政府の一部の銀行株やEU国債などの空売り規制が発表されると、
スイッチON!といわんばかりのユーロ売りへ。

EUR/USDは1.2400台まで戻してきていましたが、
今朝見てみたら1.22台を割っているではありませんか。

豪ドル円はショートはしないと決めているものの、
さすがにサポートされていた大台割れのときはこのマイルールを破りたくなります。

夜中のうちに豪ドル円79円90銭の逆指値がヒットしたものの、
そのポジションはストップにかかって今回の下落には乗れませんでした。
やはりマイルールは守らないといけないということでしょうか。

ポンド円は130円台を維持しているものの、
EUR/USDが1.20トライへ向かうとなるとポンド円も130円割れを試してくるでしょう。

129円90銭に逆指値ショートを設定し、ナイアガラに備えておきます。


ポンド円ショートで288pipsの含み益!
持ち続けることができない人(私です)はこの手法を参考にされるとよいかも。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (32位 侍おやじの・・・)




クロス円は戻り売り狙いですが、ドル円だけは押し目買い姿勢を崩していません。

クロス円のボラティリティが高まる中、
ドル円だけは低いままで、サポートラインの91円50銭はまだ割っていません。

今朝は54銭まで下落してひやりとしましたが、
ロンガーにとっては絶好の押し目となりました。

ストップ&途転ショートを組み合わせておけば、
サポート割れしたあとの挽回もできそうなので、
ここは積極的に攻めたいところです。

リスクをとらなければ利益はやってきません。
いっちょ行ってみましょうか。


<今日のポイント>
EUR/USDは1.2000目指して戻り売り!
ギリシャ償還は無事に終わる見通し(ユーロ買い材料?)

ドル円引き続き91円50銭が意識される展開になりました。
そのラインで下げ止まりを期待した押し目買いを狙っていきたいと思います。
ストップは91円30〜40銭あたりにおき、途転ショートの逆指値を設定
しておけば万が一のときの被害は抑えられるでしょう。
  
ポンド円今週の安値131円06銭手前で一旦下げ止まりました。
131円を割れるとGWの129円94銭をトライしていくことになりそうです。
ショート狙いしかありませんね。下手にロングで手を出すと危険なので、
売りのチャンスを狙っていきたいと思います。
  
豪ドル円資源価格下落に伴い豪ドル円も下落して、
80円の大台を割れてしまいました。
こうなると78円〜77円までの下落を想定せざるを得ません。
押し目買いはちょっとお休みして完全に下げ止まるのを待ちたいと思います。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
ラベル:FX
posted by しー at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする