応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年05月17日

ユーロも牛さんもやばい状況です

宮崎県の口蹄疫の被害が拡大しています。
もはやパンデミックの状況と言えますが、
東国原知事のブログを見ると、かなりやばい状況が伝わってきます。
 ⇒ そのまんま日記 東国原英夫オフィシャルブログ

5/11の農水委員会の動画を見ましたが、
江藤議員と赤松大臣の間で温度差を感じるのは私だけでしょうか?
 ⇒ http://www.youtube.com/watch?v=3kj6qw71dtg

こちらのNo.319辺りにある10年前との比較の動きを見ても、
民主党に対する憤りを感じてしまいます。
国産和牛のブランドが地に落ちてしまう!
 ⇒ 【口蹄疫】 宮崎の種牛を一元管理している家畜改良事業団の肥育牛から口蹄疫感染例が(痛いニュース)

ここで文句を言っても何かが変わるわけでもありませんが、
一刻も早い事態の収拾を祈っています。


全体的なセンチメントと今週の主要材料をチェックするならこちら!
ドルの利上げは見送られる公算?詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (79位 為替千里眼)




為替の話題に戻りましょう。
先週はユーロの基金や支援の具体的な金額がでてきて、
週初だけはユーロ買い戻しとなりましたが、その後は一貫してユーロ売りが継続。

IMMのポジションを見ても、ユーロの売り越しが11万を越えるなど、
右も左もユーロ売り一色といった感じです。

ユーロ発足当時のEUR/USDと最高値の中間点を下回り、
ユーロ下落時代がやってきたと感じられる動きですが、
このままパリティまでいくのも不思議ではなさそうですね。

ということで今週の兵ブロガーの週間予想を見てみましょう。
ポンド円に比べてドル円は全然落ちてきていませんが、
週を通しての円高・円安見通しはどうなっていますでしょうか?
 ⇒ 兵ブロガーの週間予想

今週のクロス円は、先週のパニック売りの水準へと到達するのか、
そこまでいかずそれぞれの通貨の大台維持ができるのか、
といったあたりがポイントでしょうが、センチメントが悪すぎるので、
売れば儲かる相場でしょうね。

ここからの売りはちょっと・・・
と引いている間にするすると落ちてしまってきていますので、
えいやっと飛び乗ったあり、建値ストップで反発リスクを防いでおきたいと思います。


ポンド円は日足で見れば買いのチャンスもある?
リアルタイムで見れる状態であれば逆張りもありか?

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (30位 侍おやじの・・・)





<今日のポイント>
ドル円91円50銭は維持できるか?
豪ドル円の80円、ポンド円の130円は維持できるか?

ドル円朝方は1時間足のミドルで頭が抑えられて短期下落トレンド中です。
91円50銭が強力なサポートラインなので、まずはそこでの反発買いを
狙っていきたいと思います。もしそのラインを割り込めば90円くらい
まで下落するのを想定し順張りショートしましょう。
  
ポンド円135円〜140円のレンジの下限が割り込まれ、
足がかりがなくなっている状態ですので、引き続き下落を想定します。
133円15銭付近を割り込めば、130円まで一気にいってしまうかも、
と朝のときに書いていたらもうすでに131円台・・・。
弱いセンチメントが継続しているので、戻り売りしかないでしょう。
もし135円まで上昇してこれば、そこから売りエントリしていきたいと思います。
  
豪ドル円日足雲の下限の81円80銭を割り込んできました。
豪ドル自体の地合いはそれほど弱いわけではありませんが、
クロス円全体の地合いに引っ張られて下落してきそうです。
まずは80円の大台維持ができるか様子を見ておき、
反発しそうであれば押し目を拾っていきたいと思います。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
ラベル:FX
posted by しー at 12:33| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。