応援ポチしていただけると嬉しいです! にほんブログ村 為替ブログへ

2010年05月12日

ユーロのちポンド時々ドル

英国は保守党+自民党の連立政権が誕生しました。

60億ポンドの歳出削減を目指す保守党の計画に自民党も合意したことで
前評判ではこの形はポンド買いにつながると言われていました。

しかし実現してみてもほとんどポンド買いは炸裂しておらず、
依然としてソブリンリスク警戒感が漂っている状況です。

そのギリシャ支援や債権購入策について、
とあるステラテジストは
「一種の最高レベルのねずみ講だ」
と評価しているようです。

私はユーロ圏の壮大な自転車操業だと感じていますけどw

今週は一旦1.3000を越えてきたEUR/USDですが、
現在は1.2600レベルまで下落しており、
先週の急落水準ももう間近の状況です。

1.2500を下回れば、1.2000はそう遠くない未来に実現しそうですね。
ということで1.2490くらいに逆指値ショートを仕込んでおきたいと思います。


相場の流れを掴む方法とは?
私はこのためにモニタを増設しました。1台と2台では全然違いますよ。

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (25位 三十而立。・・・)




さて、本日は昨日と変わって指標がいくつかあります。

15:00 独・第1四半期GDP(速報値)
17:30 英・失業率
18:00 ユーロ圏・第1四半期GDP(速報値)
18:30 英・BOE四半期インフレレポート

と欧州タイムはイベント盛りだくさんです。

今はドル買いかユーロ売りが比較的安心できるトレードなので、
欧州タイムイベントとしては、ユーロ売りにつながる結果がでると
さらに安心してユーロが売れますね。

1.2500への到達は時間の問題だと思いますので、
ストップを浅めにして今からショートを仕込み始めてもいいかも。

ですがみんながみんなショートだ!と思っていると、
そこにつけ込んだファンドがやらしいことを仕掛けてくるので、
どうしたもんでしょうねぇ。

とりあえず、この記事をアップしてからEUR/USDショートを仕込みます。


ポンド円のきれいな勝ち方はこちら。
複数のシナリオを用意しておくのは当然として、
その通りに決まったときは快感ですよね。詳細はこちら!

 ⇒ にほんブログ村 為替ブログ (26位 侍おやじの・・・)





ドル円92円前半でのロングがうまく機能しました。
引け値で93円に乗せてこれば徐々に上昇してくる展開が期待できます。
引き続き92円前半での押し目買いを狙っていきたいと思います。
93円50銭で一旦利食いするかどうかは微妙ですが、
私の性格上は利食いしてしまいますねw
その後93円50銭を上抜けてきたら再度順張りロングしたいと思います。
  
ポンド円昨日のNYタイムは135円台から139円台まで一気に吹き上がり
そのレンジを想定していたもののなんじゃこりゃ?
となかなかついていけない状態でした。
今日はまずは138円から139円台での戻り売りを狙いたいと思いますが、
英国の政局で連立成立によりポンド買いに傾きそうなので、
ショートはしないほうがいいのか悩ましげです。
全体的なリスク警戒のセンチメントが勝つのか、
政局期待のポンド買いが勝つのか。
ちょっとわかりにくい状況ですね。様子見かな。
  
豪ドル円200日MAがサポートラインとなり82円40銭付近で押し目を
形成してくれていい仕込み場となりました。
引き続き押し目姿勢でロング待ち&持ったポジションを育てたいと思いますが、
EUR/USD大台割れに伴うリスク回避がでてくるとまたやられてしまうので、
建値ストップでノーリスクにしておきます。


最後にポチっと1クリックよろしくお願いします〜。
にほんブログ村 為替ブログへ fx_ban04.gif
ラベル:FX
posted by しー at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。